« 「おえん」の使い方 | トップページ | だれも・だあれも・だんれも »

ばかにしたら

遠州弁的言い回し

「ばかにしたら」

訳さば「馬鹿にしただろ」。

「ら」=「ろ」・「だら」=「だろ」・だらあ」=「だろう」という屁理屈で直訳すると「馬鹿にしたろ」となる。

特にひねりも無いものであるが、文字にしての共通語的解釈でいくと

例えば「ばかにしたら、やっぱ怒るよねえ。」とかいった事になるであろう。

遠州弁だと「ばかにしたら、ざけんじゃねえよ。」(馬鹿にしただろう、冗談じゃないよ。)という使い方になる。

蛇足

「ばかにしただら」は「ばかにしただろ」という問い詰めるものではなく「ばかにしたのだろ」という推測になり「ばかにしたんだら」と同じ意味合いになる。

「ばかにしたに」→「(あいつあんたの事)ばかにしたよ」

「ばかにしたにい」→「ばかにしたよう」

「ばかにしたで」→「ばかにしたから」

「ばかにしたでえ」→「ばかにしたんだよ」・「ばかにしたから」の二通りある。

「ばかにしただ」→「ばかにしたんだ」

「ばかにしただあ」→「ばかにしたんだ」

「ばかにしたや」→「(俺の事)ばかにしたよ」

「ばかにしたけ」→「ばかにしたか」

「ばかにしたけえ」→「ばかにしたかい」

まあ他にもあるがきりがないのでこの辺で。

|
|

« 「おえん」の使い方 | トップページ | だれも・だあれも・だんれも »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54580382

この記事へのトラックバック一覧です: ばかにしたら:

« 「おえん」の使い方 | トップページ | だれも・だあれも・だんれも »