« だもんでは三河とかでも使うだもんで | トップページ | テレビからのネタ 遠州弁であるならば »

ふんとそうだに

遠州弁的言い回し

「ふんとそうだに」

共通語に訳さば「本当そうなんだよ」ということになるが

「ほんとそうだに」

と発するよりも「ほんと、ほんとにそうなんだって」くらいな勢いの相手に同意して貰おうという意識の籠もった言い回しである。つまりは感情的になってるということである。

「ふんと」の「ふ」を口で「ふ」と発音するのと鼻息を強めて「ふ」と発するのと二通りが思い浮かぶ。鼻息で「ふ」と発せんとした場合はとても強調してるという勢いという事になる。

「ふんと」の効能は「ほんと」と言うよりも感情が籠もった言い回しであり

「ホントだって」というより「ふんとだって」という方が力(りき)が入っている勢いとなる。あまり強いと相手が引いて

「ああ分かった分かった」とか言って受け流そうとされるから却って伝わらないという事も多々あろう。

「ほ」が「ふ」に変わる言い回しは

「ほんと」→「ふんと」・「ほんで」→「ふんで」

とかが頭に浮かぶ。

「ほんま」は遠州では使われないので「ふんま」という事には当然ならない。

他には「本気」を「ふんき」とか言う事は無い。

例文

「きんのう○○に遭ったにい。」

「うそだねっ。」

  (そんなことある筈がない。)

「ふんとだってえ。うそじゃないって。」

  (本当だって。嘘じゃないって。)

「信じれん。をたこくのもたいがいにしよやあ。」

  (有り得ない。いい加減な嘘ばかりついてんじゃねえよ。)

「嘘なんかついちゃいんって。ふんとそうだっただって。」

|
|

« だもんでは三河とかでも使うだもんで | トップページ | テレビからのネタ 遠州弁であるならば »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54451077

この記事へのトラックバック一覧です: ふんとそうだに:

« だもんでは三河とかでも使うだもんで | トップページ | テレビからのネタ 遠州弁であるならば »