« ちゃいない | トップページ | 「ず」は遠州で使うか? »

「おとん」じゃなくて「おとっさ」

遠州弁的言い回し

「おとっさ」

「おとん」は西の言い方なんだろうか。

すくなくとも遠州で「おとん」と発せられても意味は通じるが違和感が湧く。地元感が無い。

やっぱ「おとっさ」だろうな。男女共に。

「父」(自分の・知り合いのどちらにでも使う)を指す使い方だけでなく見知らぬ「おじさん」に対しても使われるというところが「おとん」との違いであろうか。

「おっとさ」でも可。「おっとさ」と「おとっさ」の違いについては以前も記事に挙げたが正直よく掴めないとこが多い。

親しみがこもらなければ「おやじ」になる事が多かろう。他人になら「おっさん」か。

「おとん」程に「おとっさ」には愛嬌や親しみは感じられないかもしれない。使い方は「やれやれ」とか「ホントしょんない」とかいった残念とか愚痴っぽい場合に使われる事が多いからであろうか。「おやじ」よりかは親しみは込められてはいるが。

例文

「やあおとっさなにやってるだあ。」

  (何をもたもたやってるんだよ。)

「見りゃ解かるじゃん。○○やってるだよっ。」

  (当たり前な事訊くなよ。○○をやってるのっ。)

「とてもそうには見えんに。かしょ、わしやってやるにい。」

  (なんかやり方が変だぞ。かしなよ、やってあげるから。)

「いらんこんするじゃねえよ。そんな爺じゃねえだでなあ。」

  (余計な事するなよ。最新に弱い訳じゃないんだからな。)

訳はもちろん直訳ではない。

例文2

「うちのおとっさ朝早いもんでいっつもこっちまで起こされるもんでえらいだよ。」

「うちは逆なんだよね。うるさくて眠れやせん。」

「えらい」は「しんどい」という意味。この場合「眠い」・「睡眠不足」と訳すが妥当か。

|
|

« ちゃいない | トップページ | 「ず」は遠州で使うか? »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54365122

この記事へのトラックバック一覧です: 「おとん」じゃなくて「おとっさ」:

« ちゃいない | トップページ | 「ず」は遠州で使うか? »