« テレビからのネタ 遠州弁であるならば | トップページ | かたっぽ »

「ぬかす」より「こく」

遠州弁的言い回し

「ほざく」というのを

「ぬかす」と言うより「こく」と言う方が遠州では多い。のかな?

根拠のない憶測記事。

別に「ぬかす」を使わないという事では決して無い。

が、地域差もあろうが「こく」を使う方が圧倒的に多いというのが遠州での傾向ではなかろうか。

「なにをほざくか。」だったら

「なにょうこく」・「なにょうこいてるだあ」

と言うのが遠州弁っぽい。

「ぬかす」だと「抜かす」(追い抜く)という意味使いがよく使われる。といっても「なにぬかしてるだあ」で「何を追い抜いているんだ?」と受け取るという事では無く意味はきちんと通るものでヒアリングは可能だが自分では使わない傾向にあるというものである。

遠州弁らしいといえるのは「冗談ぬかしちゃかん」ではなく「冗談こいちゃかん」である。

それと「なにぬかしてるだあ」だとちょっと上から目線っぽく映り「なにこいてるだあ」はタメ目線といった感じの違いも覗われる。「ぬかす」の多用は「えらそうに」と映りかねないので使用は控えめということもあろうか。

女性は「こく」は「言う」という意味使いのみで「ぬかす」・「ほざく」という意味使いはしない。

「冗談こいちゃかん」は女性も使う。

「なにょうこく」だと女性表現は「なにゆってるよを」とかになる。

|
|

« テレビからのネタ 遠州弁であるならば | トップページ | かたっぽ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54419948

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぬかす」より「こく」:

« テレビからのネタ 遠州弁であるならば | トップページ | かたっぽ »