« せよ・せよを・しょう | トップページ | 「よりか」・「よか」・「よっか」 »

「ばかに」と「やけに」

遠州弁的言い回し

「ばかに」と「やけに」との違い。

どちらも共通語だろうが、もし共通語との感覚の違いがあるなら(あるかどうか分からないが)一応遠州弁的にはこういう感覚で使っているだろうというのを書いておこうかと。ただしあくまで個人的意見。

「今日はやけに寒いね。」というのと

「今日はばかに寒いね。」というのとは

同じかどうか。

直感的には変わりは無く思えるところ。

これが「今日はばか寒いね。」となれば「とても寒い」となって意味は大いに変わるが。

横道にそれてもあれなので元に戻して「やけに」と「ばかに」。

「やけに痛いと思ったら血が出てた。」

「ばかに痛いと思ったら血が出てた。」

この場合だと痛みの度合いは「ばかに」の方が強いと受け取れる。「やけに」なら耐えられる範囲内で「ばかに」だと我慢できない状態という風に覗える。

「やけに機嫌がいい。」

「ばかに機嫌がいい。」

この場合だと「ばかに」の方が異様にご機嫌という勢いが増す感じがする。「やけに」だと「妙に」といった感じか。違和感ということでは「ばかに」を使った方が増す気がするところである。

「やけに」と「ばかに」は使いどころにもよるだろうが程度の違い(「ばかに」の方が大きい)があるように感じられる。

ネット辞書には

「ばかに」普通ではなく程度が並外れているさま。異様に。いやに。ひどく。

「やけに」程度が甚だしいさま。ひどく。

とある。

なんかしら感覚が違う風に映るが、違うのは私だけか?それとも遠州弁と共通語に違いがあるということなのか。

再び横道に逸れるが「ばかに」は「に」を外して「ばか」という言い方が出来るが「やかに」は「に」を外して使うことは出来ないという違いもあろうかな。例えば「ばか機嫌いい」は有るが「やけ機嫌いい」とは言わない。もちろん「ばかに」と「ばか」では意味が異なるものであるが。

|
|

« せよ・せよを・しょう | トップページ | 「よりか」・「よか」・「よっか」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54114473

この記事へのトラックバック一覧です: 「ばかに」と「やけに」:

« せよ・せよを・しょう | トップページ | 「よりか」・「よか」・「よっか」 »