« なにがあ その2くらい | トップページ | もちくる その2 »

みんしゅう

遠州弁的言い回し

「みんしゅう」

これはあくまで言葉遊びの冗句です。

「みんしゅうのみんしゅうによるみんしゅうのための」

共通語だったら「民衆の民衆による民衆の為の」となるが

遠州弁だということになると

「見ん衆の見ん衆による見ん衆のタメの」

となる。訳は

「見ん衆」→「(何かを)見ない人」ということにすれば

「見ない人の見ない人による見ない人と同格の人の」

もしくは「見ん衆」→「見た事無い人」→「知らない人」ということにしたら

「知らない人の知らない人による知らない人と同列な人の」

という風になる。

蛇足だが、「見ない」の「ない」が「ん」に変わって「見ん」となると考えるよりも「見ぬ」の「ぬ」が「ん」に変わるものと考えた方がなんかしっくりくる。

|
|

« なにがあ その2くらい | トップページ | もちくる その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54282211

この記事へのトラックバック一覧です: みんしゅう:

« なにがあ その2くらい | トップページ | もちくる その2 »