« てめえでしらべよやあ | トップページ | 遠州弁ではないが「ずでらい」 »

違かった

言葉の彩?綾?誤?

「違かった」

これは正しい共通語なのか?それともどこぞの方言もしくは一部地域の俗表現なのか?

少なくとも遠州人である自分は使わない言い回しだし、訳せと言われてもよう分からん。

ネットで検索してみると、やはりあれ?と思われる方がいるから共通語ではなさそうだ。

訳すとしたらなんになるんだろ

「違っていた」

とかになるのかな。

使い方は

「簡単だと思ったら違かった。」

とかになるのかな。ん~難しい。これで「違かって」とか言われてしまうとよう分からんどころか分からん部類に入る。

「違くて」という言い回しもこの部類に属するのだろうか。私は遠州人だが、「違くて」だと遠州弁っぽくあり「やらんくて」(やらなくて)とか「みんくて」(見なくて)とかいった使い方と同じと思えて違和感なく使えるのだが。

つまり遠州人からすると「違くて」は有りだが「違かった」は無しということであろうか。

でも「いやいやそうじゃなくて。」を「いやいや違くて。」となると使い方変と思え、「いやいや違くて往生こいた。」(いやいや違っていて大変だった。)とかいう使い方に限っての話しであるが。

で、要は何を言いたいのかというと「違かった」はよを分からんということ。どこぞの言葉であらるるや。

|
|

« てめえでしらべよやあ | トップページ | 遠州弁ではないが「ずでらい」 »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54109258

この記事へのトラックバック一覧です: 違かった:

« てめえでしらべよやあ | トップページ | 遠州弁ではないが「ずでらい」 »