« お先棒を担ぐ | トップページ | おんなし その2 »

なにゆってるよを

遠州弁的言い回し

「なにゆってるよを」

「なにゆってるよを」を訳すと

「それは違うよ」とか「おいおい」とかいった感じになる。

ニュアンスで訳すと「なにを言っているんだ」とかであろうか。「なに頓珍漢な事ぬかしてんだ」でもいいか。

決して「冗談じゃないよ」とかいった喧嘩を売ってる勢いではない。まあ、若干物の言い方にもよろうが。

これが「なにこいてるだあ」とか「なにこいてるよを」とかだと対立も辞さずみたいな「ふざけんじゃねえよ」とか「冗談じゃない」とかいった勢いになる。「なにゆってるだあ」も同様にちょっときつい系。

繰り返すが「なにゆってるよを」は対決色を表わす物言いではない。決して気分を害しているわけではないので「あ、怒ってる」とか思ってはいけない(事が多い)。

例文

「今日はちゃっと帰るでえ。」

  (今日は直ぐ帰ることにするから。)

「なにゆってるよを。今日のうちに仕上げんとかんもんあるらあ。」

  (何言ってるんだ。今日中に仕上げないといけないものがあるだろうが。)

「明日でいいじゃん。明日やるで勘弁してやあ。」

「なにそんなたったか帰りたい用あるだあ。」

  (どうしてもぱっぱと帰りたい用事ってなんだよ。)

「ちょっとね。」

|
|

« お先棒を担ぐ | トップページ | おんなし その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54188071

この記事へのトラックバック一覧です: なにゆってるよを:

« お先棒を担ぐ | トップページ | おんなし その2 »