« テレビ視てふと思った事 | トップページ | おっしー »

「なんしょかんしょ」はほぼ死語

遠州弁的言い回し

「なんしょかんしょ」

今は使い手は希少である。

「なんしょかんしょ」はほぼ死語である。私の親世代は口癖的によく使っていたが。

今は殆ど略形と呼べるかどうかは定かではないが

「なんしょ」と発する。

共通語の「とにもかくにも」が廃れて「とにかく」もしくは「ともかく」と言うが普通になってるというのと同じ現象なんだろうかな。

奇遇にも(?)「なんしょかんしょ」を訳すと「とにもかくにも」であったりなんかして。

ちなみに「なんしょ」を訳すと「とにかく」というとこまで一緒。これは奇遇では無いということなのか?

以下はいつも以上に個人的感覚によるものなのであしからず。

それにつけても「なんしょかんしょ」も「とにもかくにも」も「なにはともあれ」程ではないにせよ一段落付けるとかひとまず落ち着いて(とりまとめて)とかいった勢いなのに

「なんしょ」と「とにかく」だと「つまりは」・「要するに」とかいった結論・決定を言う為の前置きといった勢いと思え

意味合いが変わる気がするのは自分だけだろうか。

「なんしょかんしょそうなりゃいいだ。」(とにもかくにもそうなればいいんだ。)

「なんしょそうなりゃいいだ。」(とにかくそうなればいいんだ。)

ではやっぱ印象が違うよなあ。

ちなみに辞書には

「とにもかくにも」は「「とにかく」の強調表現。と書かれてあって

だとしたら「とにかく急げ」というよりも「とにもかくにも急げ」と言う方がより急かせている度合いが強いということになるのであろうか。もっとも昭和の辞書だから今と違ってきてるのかもしれないが。

でもまあこの理屈を当てはめると「なんしょ」の強調形が「なんしょかんしょ」ということで「なんしょかんしょ」の略形が「なんしょ」というのは誤りだということになるなあ。理屈は納得できるが実用とは若干の矛盾を感じたりなんかして。

|
|

« テレビ視てふと思った事 | トップページ | おっしー »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54230981

この記事へのトラックバック一覧です: 「なんしょかんしょ」はほぼ死語:

« テレビ視てふと思った事 | トップページ | おっしー »