« みんしゅう | トップページ | ヤマハ その2 »

もちくる その2

遠州弁的言い回し

「もちくる」

これも遠州弁の部類に属するのか?

(共通語だと思っており、そうは思ってないのだが)

「もちいく」(取りにいく)

というのが遠州弁なのだとしたら(そうは思っていないが)

「もちくる」

も遠州弁ということになるのであろうか(そうは思っていないが)。

意味は「取りに来る」。

「もちきた」で「取りに来た」

「もちいった」で「取りに行った」

「もち」はおそらく「持ち」と書けるんだろうかな。だからといって遠州弁では「持ち」=「取り」なのかと問われると、ん~微妙ではあるな。

「受け取り」を「受け持ち」と言うとか「取り入れ口」を「持ち入れ口」と言うなんて事は決してないのだからして。

「受け取りに来た」を「もちきた」と発するということで、「受け取り」=「もち」ということならそうかもといえるやもしれぬところ。

なんでこう言う様になったのかは無論知る由もない。って、くどいようだがそもそもこういう言い回しは別に遠州弁ではなく共通語(もしくは古い日本語)だろうがと思っている。根拠は無いが。

例文

「頼まれもん出来てるにい。あんたいつもちくるよを。」

  (頼まれてた物出来てるよ。で、いつ取りに来るの?)

「おとついもちいったけどまだ出来ちゃいんかったじゃん。」

  (おととい取りにいった時まだ出来てなかったじゃない。)

「あんたひゃあひゃあゆうもんであれからちゃっとやっただよっ。」

  (まだ出来てないの?って督促するから急いでやったのっ。)

「あっそう。悪かったねえ。そのうちもちいくでえ。」

  (ああそうなの。それは申し訳なかったねえ。近いうちに取りに伺うよ。)

後日

「おいでるう?おい、もちきたにい。」

  (居ますかあ。ねえ取りに来たよ。)

「そこんさあにあるで持ってって。」

  (そこにあるから持っていって。)

「ありがとねえ。もらってくにい。」

  (どうもありがとう。貰っていくから。)

「はいね。」

  (どうぞ。)

|
|

« みんしゅう | トップページ | ヤマハ その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

いやいや、小生浜松以外の土地で「もちいく」「もちくる」を聞いたことがありません。立派な遠州弁と認識しております。
他所者感覚からすると、単に「取りに行く(来る)」ではなく、「手に入れに行く(来る)」というようなニュアンスがあるのかなぁと、勝手に解釈しておりましたが、如何でしょう?

投稿: にしをか? | 2012年3月26日 (月) 11時28分

そうなんですか。でも意味は通じるでしょいくらなんでも。
ちんぷんかんぷんということはないと思えるのですが。

ニュアンスとしては「手に入れる」というよりも「貰う」といったもので
「もちいく」だと「貰いに行く」
対面でという勢いが強いものでありましょうか。単に置いてあるのを取って来るとかでは「取り行く」とかいう言い方をする使い分けがあるようなないような。あくまで傾向ですけどね。

ニュアンスについてはまた別に記事にしてみます。ネタが出来ました。ありがとうございます。

投稿: 管理人 | 2012年3月26日 (月) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54226938

この記事へのトラックバック一覧です: もちくる その2:

« みんしゅう | トップページ | ヤマハ その2 »