« としいったしゅう | トップページ | 他に言い方はないのだろうか »

いもしんに

遠州弁的言い回し

「いもしんに」

以前「いもせんに」という記事を書いたが、その継ぎ足し。みたいなもん。

「いもしんに」は「居もしない」+「に」

砕けて訳さば「いねえじゃねえか」・「いないじゃないのさ」。「いないねっ」と強く言い切るとかでも使われる。

「どこにいもしんに」を直訳すると「どこにも居もしないよ」・「(絶対)どこにもいないねっ」とかになろうか。

「に」は「よ」もしくは「かよ」とか「のさ」とかいったもので、効能は問い詰めてる勢いを増す効果がある。

例文

「きのうどうしたよを。行かんかっただけえ。」

「待ち合わせしただにつれん現われんかった。」

「あれえ、行ったっつってたにい。遭えなんだだ?」

「うそだよを。一時間以上待ったし、がんこ探いただにいんかったにい。」

「変だやあ。駅前のベンチんとこでずっと待ってたっつってたけどやあ。」

「そんなとこいもしんに。絶対いんかった。」

携帯の無い時代でないと成立しない話しである。

|
|

« としいったしゅう | トップページ | 他に言い方はないのだろうか »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54208740

この記事へのトラックバック一覧です: いもしんに:

« としいったしゅう | トップページ | 他に言い方はないのだろうか »