« 他に言い方はないのだろうか | トップページ | みんしゅう »

なにがあ その2くらい

遠州弁的言い回し

「なにがあ」

「なにがじゃ」と「なにがだ」。

どちらも「なにがだよ」と言ってるわけであるが

遠州ではどちらかといえば「なにがだ」がよく使われる傾向にあろうか。

じゃあ、遠州弁ではとなると

「なにがあ」

と発することになろうか。(女性表現なら「なにがよを」)

「が」を強く言う。

「が」は鼻濁音では無いものと鼻濁音のものと二種類があってそれぞれのニュアンスが異なる。

鼻濁音の「なにがあ」だと嫌そう・うるさいと感じているという勢いが付く。

鼻濁音で無い「なにがあ」だと反論・不同意を表わす勢いが付く。

「なにがじゃ」・「なにがだ」とニュアンスが同じなのは鼻濁音では無い「なにがあ」ということになろうか。

蛇足だが「な」を強く言う「なにがあ」は空々しいとかすっとぼけた勢いとかが付く。まあ共通語とほぼ同じ。

例文

「ちゃんとやってるだけえ。全然進んじゃいんじゃん。」

  (ちゃんとやっているのかよ。全然進んでいないじゃないか。)

「なにがあ。ちゃんとやってるよっ。」

鼻濁音での「なにがあ」だと訳は「うるさいなあ。ちゃんとやってるって。」

鼻濁音で無い「なにがあ」だと「なんだと?ちゃんとやってるだろうが。」

といった風になる。

|
|

« 他に言い方はないのだろうか | トップページ | みんしゅう »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54272625

この記事へのトラックバック一覧です: なにがあ その2くらい:

« 他に言い方はないのだろうか | トップページ | みんしゅう »