« 「やあばかっつら」 | トップページ | ほかっとく »

あれえ その3ぐらい

遠州弁あ行

「あれえ」

共通語の「あれえ?おかしいなあ。」とかいう「あれえ」ではない。

じゃあなんと訳すんだ?となると説明が難しい。イントネーションも説明するのがめんどくさい。

例としては

「あれえ、聞いちゃいんだ?」

訳さば「なんだよ聞いてないのかよ。」。ニュアンスは「変だなあ」とか「おかしいなあ」といったごく軽い意外もしくは予想外だという気分を表わしている。共通語だと「おやあ」とかになろうか。

味噌は「軽く」であって驚きとかいった勢いでの意外・予想外というものではないという点。

イントネーションについては凄い強引な説明すれば「稗田阿礼」(ひえだのあれ)の「あれ」と同じだと。それに「え」を付けたものが「あれえ」だと思って貰えば。

ニュアンス的にいうと、「あれえ」より強めの意外を表わすには「なによを」。よりパワーアップだと「「なんでえ?」それよりもだと「おい」とか「やあ」を頭に付す。「あれえなによを」・「やあなんでえ。」とか。(注としては「おいあれえ」とか「やいあれえ」という言い方は無い。)

印象的には「あれえ」は拍子抜けしたような(もしくは冷静とか無感動とかな)印象を「あれえ」は与える。

例文

「こんだの旅行会費いくらだか知ってん?」

  (今度の旅行の会費幾らなのか知らないかなあ。)

「あれえ聞いちゃいんだ?中止んなっただにい。」

  (なんだよ聞いてないのかよ。中止になったんだぜ。)

「うそ!ほんとにけえ。」

「うそじゃあらすかあ。嘘だと思うなら幹事に聞いてみい。」

「う~、どショックやあ。」

|
|

« 「やあばかっつら」 | トップページ | ほかっとく »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53922339

この記事へのトラックバック一覧です: あれえ その3ぐらい:

« 「やあばかっつら」 | トップページ | ほかっとく »