« 「見てっか」 その2 | トップページ | みっせえ »

しんに

遠州弁的言い回し

「しんに」

「誰もそんなことゆってもしんに。」を訳すと「誰もそんな事言ってないだろが。」とかになる。

「しんに」を「しない(の)に」と解釈して「誰もそんな事言ってないのに。」と訳されて陰に籠もりがちな愚痴っぽいつぶやきもしくはぼそぼそ風と思われがちかもだが

実際のニュアンスでは「しないじゃないか」とか「しないだろうが」といった強い反論の勢いであるというのが相応しい。

別な言い回しの「ゆっちゃいんにい」と較べると

「いんにい」は「いないよ」と自分も潔白を訴えてるもしくは自分は関係ないと言ってる勢いが多く含まれ「言ってないからね」といった訳し方になろうか。

「しんに」は誤解・勘違いを否定する(つっぱねる)勢いが強い。

「に」を省いて「ゆってもしん」とした場合には「言ってない」と言い切ってる打消しとなって「に」を付ける事によって反論の意を表すといった勢いになる。

「に」は共通語の「か」また「よ」と同じ効能が窺える。でも「しんに」・「いんに」を「しないよ」・「いないよ」などと直訳するとニュアンスが相応しくなく「しないだろうが」・「いないだろうが」とかにするのがやはり相応しいと思える。

例文

「見たなあ。」

「見ちゃいんにい。知らんでねえ」

「うそばっか。」

「ほんとだって。」

|
|

« 「見てっか」 その2 | トップページ | みっせえ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53860951

この記事へのトラックバック一覧です: しんに:

« 「見てっか」 その2 | トップページ | みっせえ »