« せわんない その2 | トップページ | 「ちょ・ちょう」より「や・やあ」 »

だで その2

遠州弁た行

「だで」

とあるコマーシャルで「鳥取の羽合だで。」という台詞が発せられていた。

タレントさんが発していたので正確なお国ことばなのかどうか確かではなかろうやもだか、遠州弁の「だで」とは違うもんだなと感じた。

受けた印象からは「だよ」とか「なの」と訳せそうな勢いだった。

遠州弁の「だで」は「だから」や「なので」。

従って遠州弁的に訳すと「鳥取の羽合だから。」となる。言い切る感じではなくなる(歯切れが悪くなる)。(だで、遠州弁に直すと「鳥取の羽合だから」っつう風んなるだよ。だでなんだあなに言いたいだあと次い早よ言えって感じになるだよ。)

ニュアンスを合わせると遠州弁的には「鳥取の羽合でえ」とかになろう。

|
|

« せわんない その2 | トップページ | 「ちょ・ちょう」より「や・やあ」 »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53997235

この記事へのトラックバック一覧です: だで その2:

« せわんない その2 | トップページ | 「ちょ・ちょう」より「や・やあ」 »