« 「つみくる」と「ちみくる」 | トップページ | なんべん »

遠州シスターズ

テレビ番組内で軽く触れられた「遠州弁」

「一だら二だら」

昨日のお話し。

帰宅してテレビを点けたら遠州シスターズと名乗るご両名が「ビストロスマップ」に参上という光景が映しだされていた。

ふんで、遠州弁の話題になって

「一だら二だら」とかでしょと司会者さんが例を言われし事において

方言小馬鹿にしてるでしょと使い方が違ってる旨のたもうておられたが(ちなみに方言馬鹿にされて憤慨してるあの様を「ちんぷりかあってる」と言い表わすことができなくもないと映った。)

イントネーションは確かに変ではあるが、「一だら二だら」という使い方はおちゃらけでなくとも有り得るぞと思えた。「だら」は「だろ」と置き換えることが出来る。

例えば

「ようく数えてみい。一だら、二だら。ほれえ三つあるじゃんかあ。」

訳さば

「ちゃんと数えてみなさいよ。一だろ、二だろ。ほらあ三つあるじゃないか。」(女性の場合は「だろ」ではなく「でしょ」に置き換え)

他にでは

「おつり渡すでよぉく見てよを。百円だら二百円だらあ。で、三百円。合ってるらあ。」

とかいった感じ。おそらくは司会者さんのボケるという意図を読んでちんぷりかあるというツッコミをされたのであろうが。

全国放送で地元民はこうだという本物の遠州弁を聞きたかったところだが、流石に役者さんじゃあイメージ壊すで無理なんだらなあ。

まあなんしょ話題となるのは地元民としちゃあ嬉しいわな。

まずは要用のみにて。って詳細は無いけど。

|
|

« 「つみくる」と「ちみくる」 | トップページ | なんべん »

2・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53867140

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州シスターズ:

« 「つみくる」と「ちみくる」 | トップページ | なんべん »