« 歌詞を遠州弁に | トップページ | 「ちんぷり」の使い方 »

「ふう」と「よう」

遠州弁的言い回し

「ふう」と「よう」

どっちを主に使うか。

個人的感想。

あくまで個人的にそう映るというもので根拠は無い。

「ふう」と「よう」

「そういったふうにして。」と「そういったようにして」

とかいう使い方の「ふう」と「よう」。

遠州ではどちらかといえば「ふう」を主に使う傾向が感じられる。

「きいたふうな口きくな」と普通は口に出る。「きいたような口きくな」とはあまり発しない。

「見て来た風にものを言う。」であって「見て来た様にものを言う。」は少数派であろうか。

ただし「まあちっといいやりようあるらあ。」(もう少し好いやり方があるだろうよ。)といった「言いよう」や「やりよう」については「いいふう」・「やりふう」とは言わないよに、なんでもかんでも「よう」を「ふう」にしてるということではない。

辞書引いても「ふう」と「よう」の違いはほとんど感じられないのでおそらく意味は同じだろうし特にニュアンスの使い分けがあるわけでもない。

あくまで言い易い方に流れると遠州では「ふう」になるということであろうかな。

それか「よう」・「よを」は別の単語でよく使われるので混乱しないように無意識に避けてるのか。ってこれは穿ち過ぎか。

|
|

« 歌詞を遠州弁に | トップページ | 「ちんぷり」の使い方 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53718642

この記事へのトラックバック一覧です: 「ふう」と「よう」:

« 歌詞を遠州弁に | トップページ | 「ちんぷり」の使い方 »