« ふた種類の「なにがあ」 | トップページ | ええで »

いいで

遠州弁い行

「いいで」

本来は「で」ということだがそれだとなんのこっちゃいなので。

レベル 遠州弁の基本レベル

例えば「いいで見しょう。」。

訳さば「いいから見せろよ。」。

「いいで」=「いいから」

ということで「で」→「「から」ということになる。

「いいで」のニュアンスは大抵「ごちゃごちゃぬかさんと」といった「とにかく」という勢いが付加される。

で、この「で」→「から」という変化は別に遠州弁固有ではなかろうが頻度とかから考えると遠州弁の特徴ともいえるものではなかろうかと。

「だもんで」は「だものだから」、「先行くで」は「先に行くから」、「そうするでねえ」で「そうするからね」

と挙げればいくらでもといった勢いの頻度である。

「で」を「から」以外にも「ので」と訳せなくもない場合もあるがニュアンス的にはやはり「から」とした方がすっきりくるものである。

例文

「わしじゃ無理だってえ。」

  (俺には出来ないよ。)

「いいでなんしょやってみい。」

  (いいからとにかくやってみなよ。)

「ほれみい。やっぱできんじゃん。」

  (ほらあ。やっぱり出来ないだろうに。)

「ちゃんと説明聞かんかったもんでえ。だもんでうまくできんだにい。」

  (ちゃんと説明聞かなかったからだよ。だからうまく出来ないんだよ。)

「聞きたくても説明する人おりもしんに。」

  (訊きたくても説明する人いもしないじゃないか。)

「さっきまでいたじゃん。」

  (さっきまでいただろうが。)

「知らんよを。今さっき来たばっかだもんで。」

  (知らないよ。自分今さっき着いたばかりなんだから。)

「入れ違いんなっただか?」

  (入れ違いになったのか?)

「だでさっきからそうゆってるじゃん。」

  (だから始めからそう言ってるだろうが。)

|
|

« ふた種類の「なにがあ」 | トップページ | ええで »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53762302

この記事へのトラックバック一覧です: いいで:

« ふた種類の「なにがあ」 | トップページ | ええで »