« 「りん」と「りい」 | トップページ | 「見てっか」 »

「見てれんでわしんやらすか」

遠州弁的言い回し

「見てれんでわしんやらすか」

レベル 遠州弁でも古いと映るレベル

「危なっかしくて見てれんで、わしんやらすか。」

これを訳すに「危なっかしくて見てられないので、わしがやろうか。」と「見てれん」を「ら」抜きとして捉えるのは間違いではないが。

流れとしては「危なっかしくて見ておれぬで、わしがやろうか。」と「おれぬ」の変が「れん」と捉える方がなんかしっくりくるような気がする。なのでどちらかというと「お」抜きと考えた方がいいんじゃないかとふと思えた。

ちなみに「見てれん」が「見てれない」という言い方でも違和感は湧かない。「見てれぬ」は流石に普通言わないしざらつきを覚え「お」抜きをしない「見ておれん」となる。

別の言い回しで「見ちゃおれんで」というのがある。こちらは「お」抜きで「見ちゃれんで」という風にはならない。もちろん「見ちゃられん」という言い方もしない。言うとしたら「見ちゃいれん」でこれだと「ら」抜きという感じがする。

「見てれん」と「見ちゃおれん」のニュアンスの違いは見てて苛々するのが「見てれん」で目を覆いたくなるようなのが「見ちゃおれん」といった勢いの違いがあろうか。

で話し飛んで、この文章のもうひとつの遠州弁ポイントは「やらす」。

訳さば「やろう」となり、「す」で意思を表すといった勢いがある。「買おう」で「買わす」。「言おう」で「言わす」。「逃がそう」だと「逃がさす」となる。

「それわし言わすとしただに。なんで先ゆっちゃうよを。」

  (それ私が言おうとしたのに。なんで先に言っちゃうんだよ。)

共通語で「やらす」は「やらせる」と使役を意味するところであろうが遠州弁の「やらす」は「やろう」という意思を表わす表現である。

「やらせる」ということであれば「やらさす」となる。

「やろうか」という意味で別の言い回しを探すと「やらっか」というのがあるが、こちらは「やらすか」よりも相手に尋ねている度合いが強い感じとなる。

|
|

« 「りん」と「りい」 | トップページ | 「見てっか」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53818542

この記事へのトラックバック一覧です: 「見てれんでわしんやらすか」:

« 「りん」と「りい」 | トップページ | 「見てっか」 »