« 「見てっか」 | トップページ | 遠州シスターズ »

「つみくる」と「ちみくる」

遠州弁的言い回し

「つみくる」と「ちみくる」

以前の記事で

指でつねるのを「つみくる」

爪でつねるを「ちみくる」

と説明したが、指と爪の違いだけでなく

(軽く)つまむ感じでつねるのを「つみくる」

力入れてつねるのを「ちみくる」

とも使い分けしてるよなあとはたと気付いたのでここに追加として記載。

要するにというかまとめるとされる側からいって

痛みが軽度のものが「つみくる」・「つみくられる」

がんこ痛いのが「ちみくる」・「ちみくられる」

という区分が出来そうである。

別な言い方をすれば甘噛み並に「ちみくる」というのは凄い技術が要るということになる。もっとも、した方は「つみくった」という気持ちでもされた方が「ちみくられた」と感じれば可能ではあろうが。

|
|

« 「見てっか」 | トップページ | 遠州シスターズ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53858061

この記事へのトラックバック一覧です: 「つみくる」と「ちみくる」:

« 「見てっか」 | トップページ | 遠州シスターズ »