« 2011年5月22日 - 2011年5月28日 | トップページ | 2011年6月5日 - 2011年6月11日 »

*テレビで視聴した鳥取弁は遠州弁に近いや否や

鳥取の方言の使い手さんがテレビで「にい」を発せられていた。「やあ」も駆使しすていた。そのことは遠州弁に似てる。でも耳で聞くと違う。かなり。何故か。以下に記載して較べてみる。

番組名は「その顔が見てみたい」、コーナーは「そそられる方言をしゃべるご当地美女の顔」。

「うちをごしなってだんだん」(私を選んでくれてありがとう)

 遠州弁「わし選んでくれてありがとねえうれしいやあ」

「○○さんは一番親しみを感じられるけん」(字幕はこうだが「ら」抜きに聞こえた)

 遠州弁「○○さんが一番親しみ感じれるもんで」

「いつもテレビで応援しちょおよ」

 遠州弁「いっつもテレビで応援してるだにい」

「その優しいツッコミ大好きだにい」

 遠州弁「その優しいツッコミばか好きだよを」

「鳥取では『面倒くさい』って『たいぎ』って言うにい」

 遠州弁「遠州じゃあ『面倒くさい』って『えらい』ともゆうだにい」

「知っとった?」

 遠州弁「知らんかったらあ」

「一緒にドライブせん?」

 遠州弁「一緒にドライブ行かん?行くかあ」

「楽しみに待っちょるけん遊びに来てやあ」

 遠州弁「楽しみんしてるで遊びい来てやあ」

とこうなる次第であるが(これだけで判断するのは無謀もいいとこであるのだが)

先ず述べておくべきことは「にい」も「やあ」も含めてイントネーションが違う。それでも「にい」=「よう」・「やあ」=「ねえ・よう」のニュアンスは同じで使いどころは一緒である。

「たいぎ」とは「大儀」なんだろうな。方言というより古い日本語なのだろう。

文字にすると近いものを感じるが声に出すと近いとは感じない。

映画「天然コケッコー」を観た際にあっちの言葉は遠州弁に近いという印象を強く持ったのであるがあれは島根。

個人としての感覚的な結論をいうと、鳥取の言葉は遠州弁とは似ていない。

近いと思わせるのはどちらも古い言い回しが残っているからなんだろう。だとすると「にい」も古い日本語で昔は全国的に使われていたということなのかな。もしそうだとしたら自分的には新しい発見である。

繰り返しになるが、文字にすると共通する部分があるが話し言葉だとイントネーションが違うので近いという印象は無い。島根は近いが鳥取は違うという感じがした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ちっとばか その2

「少しくらい」と言っている。

「ちっとばかいいじゃん。貸してやあ。」

直訳すると「少しくらいいいじゃないか。貸してくれよ。」

この場合の「ばか」は「くらい」・「程」とかいうことになる。つまりここでの「ばか」は「馬鹿」ではなく「ばかし」の略したものであるという事。

「ほんのちっとばか分けてくれんかねえ。」

直訳すると「ほんの少しばかり分けてくれないかねえ。」

この場合の「ばか」は「ばかり」。

「ばかり」(許り){副助詞}で「ばかし」は「ばかり」の俗語と辞書にある。

従って同じ言葉という事になる訳だが上記の例文を

「ちっとばかりいいじゃん。」・「少しばかし分けて」とかにするのは違和感を感じる。

使いどころとしては頼みにくい・言いにくいことを頼む際に発せられることが多い。他所の人からしてみれば「ちっとばか」と聞いた印象はぞんざい・横柄というものであるが頼むごとをする際に下手に出ている事を表現している言い回しなのである。

もちろん「ちっとばかのこんでひゃあひゃあゆうじゃない」といった「些細な」といった意味で使われる事もあり、大したことじゃないだろうという量の多い少ないという意味に限らない使い方をするものである。

「ちっとのこんでひゃあひゃあゆうじゃない」と

「ちっとばかのこんでひゃあひゃあゆうじゃない」とでは

「ちっとのこんで」は些細な出来事でと言ってるのに対し、「ちっとばかのこんで」は器量(了見)が狭いという言ってるというニュアンスの違いが感じられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ずっぽし

全国的に使われている俗語の範疇であろうが、遠州弁での使い方とニュアンスを考えてみる。もしかしたら地域性があるやもということで。意味使いとしてはふたとおりが考えられる。

先ず一つ目

使いどころとしては「はまる」というのが一番印象が強い。

「ずっぽしはまる」

ニュアンスとしては「どっぷり」に近いが泥沼化みたいなどろどろ感は薄く、笑っちゃうくらい見事にといったあっけらかんとした勢いが漂う。ちなみに泥沼化だと「ずぼずぼ」という言い方をする事が多い。

話し戻して、「ずっぽ」しの元は「すっぽり」であろうて

「すっぽり」{副詞}①全体を包み隠す様子。②何かの拍子に完全に抜けはずれたり、はまったりする様子。

と辞書にある意味の中において「はまる」のみの意に特化して「すっぽり」より強調した言い方が「ずっぽし」ではなかろうかと。したがって①の意と②の抜けはずれという意は「ずっぽし」にはない気がする。

「ずっぽしかぶさった」は有り得そうだが普通は言わないし「ずっぽし抜けた」とも普通言わない。普通だと「すっぽりかぶさった」・「すぽんと抜けた」とかであろう。

「はまる」というのは丁度良く入る・ぴったりと入る・穴や溝とかに落ち込むといった意味であるが、丁度良くというかいい塩梅でとかいうニュアンスは「ずっぽし」には無い気がする。

「ずっぽり」と「ずっぽし」の違いは

「やいやいずっぽりはまっちゃってえ」だとあ~あと嘆いている要素が感じられるのだが

「やいやいずっぽしはまっちゃってえ」では笑っちゃうよ(参っちゃうよ)という陽気さが感じられるものである。

次に二つ目

使い方は

「ほれみいずっぽしだらあ」(そら見た事か図星だろうが)

見事にはまるということでは一つ目と同じなのであるが、こちらは「的中」・「図星」といった意で使われるものである。

穿った見方をすれば「ずぼし」が変化して「ずっぽし」になったとも勘繰れるところである。が、流石にそんなことはないだろう。

この使い方の場合「すっぽり」・「ずっぽり」が使われる事は無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*言いそうで言わない言い回し 「だにら」

遠州弁における「だに」+「α」で存在するものと存在しないものがある。

*「だにな」

「に」=「よ」、「だに」=「だよ」と置き換える事が可能で

「だよな」→「だにな」

という言い方は存在する。なんてことはなく、この場合は「だに」=「のに」であって「のにな」→「だにな」というのが正しい。

「さっきいからゆってるだにな」(さっきから言ってるのにな)

という言い方で存在する。「だよな」という意の「だにな」は存在しない。

*「だにね」

これも「のにね」→「だにね」で存在する。

「ゆやあ買うだにね」(言えば買うのにね)

*「だにの」

「ちゃんとゆっただにの」(ちゃんと言ったのにの)

という言い方で存在する。ただし高齢者が発するものである。

*「だにや」

これも「のにな」→「だにや」ということで存在する。

「ゆやあ買うだにや」(言えば買うのにな)

*「だにか」

「そうだにか」(そうだろか)と訳せ

この場合の「だに」は「だろ」ということになる。屁理屈上はあってもおかしくなさそうだが実際の使用頻度は低い、普段は「そうだらか」(そうだろか)の方が使われる。

無いとは言い切れないが、空想上の言葉であろう。

*「だにが」

「なのが」でありそうに思えるところであるが、屁理屈上あってもおかしくはないのは「なのだが」。

「言っただにが」(言ったのだが)又は(言っただろが)

実際は「だにか」と同じで使われることはない。普通は「ゆっただにい」・「言っただん」・「言っただけえが」とかが使われる。「言っただろが」とした場合「ゆったじゃんか」・「ゆったにい」とかが使われる。

これも無いとは言い切れないが、空想上の言葉と思える。

*「だにら」

「ら」は「ろ」・「らあ」で「ろう」と置き換えるのが違和感が少ないのだが、共通語においても「だよろ」・「のにろう」・「なのろう」という言葉が無く疑問調で「だろよ?」・「のにろ?」・「なのろ?」という言い方も無いわけで、従って「だにら」という言葉は無い。

「だに」と「ら」は遠州弁を代表する言葉だが合体することはない。抜け道というか

「あいつゆったの『そうゆうもんだら』だに」(あいつが言ったのは「そういうものだろ」だよ)

という連なることはあるが、言葉として合体することはない。屁理屈的にも実用上においても存在しない言葉である。

他に無い言葉としては

「だにけ」・「だにて」とかが存在しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*たっきやあ

これだけじゃなんのこっちゃいであるが

「忘れたっきやあ」だと

「もう忘れたなあ」・「忘れちゃったよ」それとも「忘れたかなあ」か。

「覚えてたっきやあ」となれば

「おぼえていたかなあ」と遠くを見つめながら思い出そうとしてる光景が目に浮かぼうものかと。

つまり「どうだったかなあ」とか「~なのかなあ」・「~してたかなあ」といった非常にうろ覚えで確信が持てない事を発した際に付く言い回しであろうか。「~したんだろうな」という推測というニュアンスでも使われる事があるらしい。

はっきり覚えているのなら

「覚えてるにい」・「覚えてるよを」・「覚えてるに決まってるじゃん」とかになる。

例えば「傘を忘れた」とした場合

「傘を忘れていったのあの人だったかなあ?」だと「傘忘れてったのあの人だったきやあ。」

「傘忘れていったのあの人だろう。」では「傘忘れたのあの人だらあ。」

「傘忘れたのあの人だよ。」なら「傘忘れたのあの人だにい。」

この自信が無いを表わす「たっきやあ」という言い回し、推測というよりも憶測だが遠州でも東?の方で使われる言い回しと思われ浜松辺りだと珍しいという部類に属すると思われる。浜松だと

「覚えてたっけかやあ」・「覚えてたかやあどうだいやあ」とかが普通発せられる。他には「だかいやあ」。

それと個人的には「たっきやあ」を使うとしたら「たっきかやあ」としたくなる衝動に駆られる。

前の例文だと「忘れたっきやあ」は「忘れたやあ」とか浜松では言うことになろうか。

つまり「そうだったっけ?」と言うところの「け」を「か」・「けか」か「き」に変えるということであろう。

「見たっけ」・「「見たっか」・「見たっき」

はいずれも同じもので「見たっけ」が共通語で浜松は「見たっか」・「見たっけか」を使う地域で、「見たっき」という地域が遠州にあるというものであろうか。

一応同じとしたが、もしかしたら違いがあるのかもしれないが細かいニュアンスについては自分のとこでは使わない言い回しなのでよくは知らない。もし違ってたらごめんなんしょ。まあ、こういう言い方もあるという参考として記事にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*「のか」=「だ」・「な」

例えば「どうしてそういうことを言うのか。」

これを「なんでそうゆうこというだ?」・「なんでそうゆうことゆうな?」と言うということである。これがどれくらいの地域が発するのかは定かではないが遠州では使われるものである。といっても「な?」は遠州弁っぽくはないところであるが。

「どうするんだそれ買うのか?」だと

「どうするよをそれ買うだ?」・「どうせすやそれ買うな?」となる。

以前の記事で「なのか」=「なか」・「だか」というのを書いたが

「なのか」→「な」+「のか」で、「のか」=「だ」・「な」という屁理屈をこねて「なだ」・「なな」という言い回しが存在するかというと「なだ」は無いが「なな」はある。

「なのに」・「だのに」という言葉があるように「なのか」・「だのか」という言葉がもしあるとしたら「なのか」=「なな」・「だのか」=「だだ」という流れで「だだ」という言い回しが存在する屁理屈が成り立つ。

「そういうもんなのか」を

「そうゆうもんなな?」・「そうゆうもんだだ?」という言い方が考え付くところである。

つまり「のか」というのは「だ」・「な」という言い方と「か」という言い方があると思われる次第。もちろんニュアンスは異なるので同じ意味合いのものではない。

「そうゆうもんなな?」確認という勢いが強くなる。

「そうゆうもんだだ?」念を押す確認といった感じであろうか。

「そうゆうもんだか?」疑問の意が強めになる。というか理解・納得しておらずほぼ質問に近い。共通語だと「そういうもんか?」であろう。

「そうゆうもんなか」という言い方はなく「なんか」という関西風な言い方ならある。

例文

「どうするよを、行くな?あんたも誘われてるだら?」

「どうしっかなあ、まあめんどっちいでよすわぁ。」

「ホント不精でしょんないやあ。いいだね?ホントに行かんだ?」

「つうか、行って気い遣わしちゃかんで行かんほういいだよ。」

「あんたらの関係ってそんなもんだか。よを分からんわ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*「なのか?」=「なか?」

「こんなか?」だと「こうなのか?」と言っていることになる。

「こんなもんなのか?」・「こんなのか?」という訳でもはまることがある。

要は「なのか」が「なか」になるというお話しであるが、じゃあ遠州弁ではなんでもかんでも「なのか」が「なか」に変化するのかというとそうでもない。

「え?そうなのか?」というのを「あ?そうなか?」とは言わない。言うとしたら「はあ?そうだか?」である。関西風に「そうなんか?」ということもあるが「そうなん?」とは言わない。

「お前の実力こんなものか?」というのを「あめえの実力こんなか?」と言う。

「そんなもんなの?」というのを「そんなか?」と言う。

「そういうものなのか?」というのを「そういうもんなか?」とは言わない。言うとしたら「そうゆうもんだか?」である。

つまり「なのか?」は使いどころによって「なか?」・「だか?」という二種類の言い回しに変化しているということが言えそうである。

例文

「なによを、まだゆっちゃいんだか?」

  (なんだよ、まだ言ってないのかよ。)

「とてもじゃないがゆえん。ゆったらちんぷりかあるに決まってるだもんで。」

  (とてもじゃないが言えない。言ったらへそ曲げるに決まってるからさあ。)

「なんでえおんしゃの根性そんなか?いつもえらそうこいてる癖にい。」

  (なんだよおめえの根性そんなものなのか。普段大口叩いてる癖に。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年5月22日 - 2011年5月28日 | トップページ | 2011年6月5日 - 2011年6月11日 »