« 上島 | トップページ | ほっぽる »

「置かせて」と「置かして」の違い

遠州弁的言い回し

「置かせて」と「置かして」のニュアンスの違い

レベル どうでもいい重箱の隅突くレベル(補足 広い地域で使われる言い回しであろうが、遠州でも使うよということで記載)

遠州弁では「置かせて」を「置かして」と言ったりする。

この違いは例えば

「ここんさあ置かせてやあ。」

「ここんさあ置かしてやあ。」

「おかせて」とすると「置かせてほしい」というお願いもしくは伺いを立てている勢い。「置いてもいいかな?」というニュアンス。

「おかして」とすると「置かせて頂戴」といった了承・了解を得るといった勢い。「置くけどいいだろ?」みたいなニュアンス。

この「せて」の部分を「「して」というのは「見して」・「やらして」・「行かして」など沢山あって遠州弁ではよく使う言い回しである。

あくまで遠州弁におけるニュアンスの違いであるが、この他にも

「置かいて」という言い方もある。

「し」が「い」に変わったと思われるがニュアンスとしては「おかせて」と「おかして」の中間ぐらいのおねだり的な要望といった勢いのものであろう。

断られる可能性を考えて発するのが「おかせて」

断られたら困るつもりで発するのが「おかいて」

断られるとは思っていないのが「おかして」

といった気分の違いがあろうか。

その他にも

「おかしょう」

「おかせよう」

とかいった言い方がある。こちらは命令に近いような強めな了承・了解を求めるものである。

|
|

« 上島 | トップページ | ほっぽる »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

置かしてをキーワードにググりました。東京の埼玉より出身、静岡在住です。東京や埼玉でも「置かして」と言いますよ。いろんな都道府県の人が「置かして」は自分の住んでるところの方言と勘違いしてますが、ほぼ全国区なのですよ。

投稿: よっしー | 2012年6月17日 (日) 23時05分

よっしーさんコメントありがとうございます。

「ほぼ全国区」というのは私もそう思ってます。

遠州でもよく使われるよという事で書いております。
説明が拙い上に足らなくて誤解を生んだようで反省いたします。

なので若干加筆しました。

投稿: 管理人 | 2012年6月18日 (月) 00時06分

管理人さま、遠州弁では使用頻度が高いという意味で書いたのですね。勘違いして申し訳ないです。 遠州弁では車に乗せての乗せてを「乗して」と言いますね。

投稿: よっしー | 2012年6月18日 (月) 08時39分

よっしーさん。ご返事ありがとうございます。

言葉足らずですいませんでした。
何年も遠州弁ネタ追って気付いたことは、露骨な方言だけではなく些細な言い回しも含まれてこそ普段の遠州弁っぽくなるものだというところです。たんに語尾に「だら」・「だに」つければそれでいいというのには疑問を感じるものですから。
なので、限りなく共通語に近いものであっても使用頻度の高いものは記事にしようという姿勢でやっております。

投稿: 管理人 | 2012年6月18日 (月) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53437761

この記事へのトラックバック一覧です: 「置かせて」と「置かして」の違い:

« 上島 | トップページ | ほっぽる »