« だもんで その3 | トップページ | 「だら」 その2 »

「やらにゃかんこん」と「しんとかんこん」

遠州弁的言い回し

「やらにゃかんこん」と「しんとかんこん」

さてどう違う?

レベル 言葉遊び(弄り)レベル

「やらにゃかんこん」と「しんとかんこん」

どちらも「しなければならないこと」という遠州弁であるが

さてどう違う?などというお題はもうほとんど言葉遊びの域ではあるが

「やらにゃかんこん」には二種類があって

「ら」を強く言うと「やらなければならない事」という義務に近いもので

「にゃ」を強く言うと「やらなければいけない事」でこれをしなければ先に進めないみたいなもの

といった勢いの違いがある。

「しんとかんこん」はイントネーションの使い分けの種類があるわけではなく、しないと悪い方向に進んでしまうみたいな印象が湧く。

他にも「しにゃかんこん」・「やらんとかんこん」といったパターンも存在するものであるが

「誰かがやらねば」というので考えてみると

「誰かがやらにゃかん」と発すると共通語のニュアンスとほぼ同じ勇気ある行動を求むみたいな勢いを感じるのであり

「誰かがしんとかん」(しにゃかん)と発すると誰かが貧乏くじをひくみたいというかやりたがらないことを指すような勢いを感じる。

前向きと受け身というほどの違いではないがそういう違いは感じられる気がするところであるがこれは気のせいか。

例えば仕事終わりで楽しいお誘いで「行くかあ。」と言われた時(必ずしもこういうニュアンスになるとは限らないが)

「やらにゃかんこんあるもんで遠慮しとくわ。」だとやりたいことがあるので断るというニュアンスに聞こえる。つまりお誘いよりも楽しいことがあるいう勢い。

「しにゃかんこんあるもんで遠慮しとくわ。」だと用事があるので行けれないという風に聞こえる。こちらはお誘いよりもつまんないけどしょうがないという勢い。

まあこれは共通語での「やらないといけないこと」と「しなければいけないこと」の違いと同じようなもんであろうが。

実際はどっちでも構わないというあくまでどうでもいい言葉弄りのお話し。

|
|

« だもんで その3 | トップページ | 「だら」 その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53318633

この記事へのトラックバック一覧です: 「やらにゃかんこん」と「しんとかんこん」:

« だもんで その3 | トップページ | 「だら」 その2 »