« もってきようない | トップページ | 歳いってくる »

蝶々

カテゴリー 言葉の彩?綾?誤?

「蝶々」

「てふてふ」と書いて「ちょうちょう」と読む。昔の話し。

昔の人が「てふてふ」と発した訳じゃあないだろうな。

ひらひらと舞う実物を人は普通「蝶々」と書いて「ちょうちょ」と発す。

しかして「蝶々夫人」となると「ちょぉちょうふじん」と発する。

お勉強の上では「蝶」で「ちょう」だよな。昔は「てふ」と書いたそうな。

そもそもがなんで「蝶々」と繰り返すんだろ。「ちょう」と言うより「ちょうちょ」と言う方が可愛らしくはなるけど。

文字遊びするなら「てふてふ」が一番愛らしく感じるよなあ。

標準語の使い手さんは「ちょう」と発すのか「ちょうちょ」と発すのか。つまり興味があるのは「ちょうちょ」は俗語の部類にはいるのかどうかということ。

|
|

« もってきようない | トップページ | 歳いってくる »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53289687

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶々:

« もってきようない | トップページ | 歳いってくる »