« 気持ち | トップページ | おんない その2 »

遠州弁では使わない言い回し「どこなん?」

遠州弁的言い回し

遠州弁としては言わない言い回し

「どこなん?」

レベル 普通レベル

「いいとこってどこなん?」

いいところってどこなのよ。といった感じで訳せばいいのであろうか。

関西風味の感じがするところである。

遠州弁としては使わない言い回しである。使うとしたら

「いいとこってどこよを。」・「いいとこってどこでえ」。他には「いいとこってどこやし。」(これが遠州弁かは疑問だが)。

「そうなの?」・「そうなん?」というのは

「そうけえ?」

となる。

話し変えて「そうなのよ」とかいう「なの」。「なん」も含めて遠州弁的ではない。別に日常に於いて使われないというものではないのだが遠州弁っぽくするには

「そうだよを」・「そうでえの」・「ほうだの」

ニュアンスはそれぞれ異なるものではあるが、とにかくの傾向としては「な」より「だ」を使う事が多いという事はあるだろう。

「どうするの?やるのやらないの?」というのを

「どうするな?やるな?やらんな?」というよりも

「どうするだ?やるだ?やらんだ?」とする方が遠州弁っぽいものである。

「な」を使わないということではなく「だ」をよく使う言い方を好むというのが遠州弁であろうか。

よって「なあなあ、なんなん亭は南南にありなんってなんなん?」とかいう文章を遠州弁っぽくすると「やあ、なんなん亭は南南にありなんってなんだや。」といった風になる。

|
|

« 気持ち | トップページ | おんない その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53202488

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁では使わない言い回し「どこなん?」:

« 気持ち | トップページ | おんない その2 »