« 「あだける」と「あたける」 | トップページ | 知らない遠州弁 「しょずむ」 »

おせえたらん

遠州弁お行

おせえたらん

レベル 遠州弁ではなかろうが遠州でも使うよレベル

「おせえたらん」

「教えてやらん」と言っている。ここでは述べないが別に「教え足りない」という意味合いもある。勿論別物。

「なににやにやしてるよう。」(モロ遠州弁だと「あんたなににしゃにしゃしてるよう。」)と訊かれて

「いいじゃん別に。」と発すると「余計なお世話。」と言ってるようなもので冷たい空気がよぎる。

普通は「まあね」とかで茶を濁すものであるが。

「おせえたらん。」と発せば「けち。」とか「いいじゃんおしえてやあ。」とか言い返されたりするが空気は悪くならない。

「おせえたらん」は直訳すると「教えてやらん」となるがニュアンス的には「教えてあげない」といった柔らかい勢いのものである。ただし「あんたなんかに」を前につけると読んで字の如しで「教えてやらん」という勢いになる。

ちなみに一番空気が悪くなる言い回しは

「関係ないじゃん」であるが他には「なんで教えにゃかんよを。」。「なんで」の次に「あんたなんかに」を付け加えると怒ってる(むかついてる)意識が付加される。

教えたくない・答えるのがめんどくさいということでは「いいとこまんじゅう」という表現もあるが、これは対子供用のものであって大人相手に発すればこちらの意図に関わらずむっとされる。

「おしえたらん」となると「断る」もしくは「嫌だね」と言ってる勢いになり「おせえたらん」のようなやわかい言い回しには聞こえない。

例文

「はああいつだけは頭来たでなんか聞いてきてもおせえたらん。」

「なに鼻息荒くしてるよう。」

「なにって・・・ゆうと怒れてくるでゆやせんよ。」

「またどうせなんかしょーもないちょっかいかけられただらあ。」

「ちょっかいじゃないわあ、ありゃ嫌がらせだにい。」

「仲いい証拠だらあ。」

「どこがあ。」

|
|

« 「あだける」と「あたける」 | トップページ | 知らない遠州弁 「しょずむ」 »

1-2・遠州弁お行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53210168

この記事へのトラックバック一覧です: おせえたらん:

« 「あだける」と「あたける」 | トップページ | 知らない遠州弁 「しょずむ」 »