« 「置かせて」と「置かして」の違い | トップページ | 「行こまい」と「行かまい」 »

ほっぽる

遠州弁ほ行

「ほっぽる」

例・「ほっぽかす」

レベル 日常レベル

辞書にも「ほっぽる」・「ほっぽ投げる」は載っているので決して方言というものではない。

使い方として思いつくのは遠州弁に於いては

「ほっぽかす」・「ほっぽ投げる」・「ほっぽる」・「ほっぽっとく」

とかが思いつくところ。

「ほっぽ投げる」の「ほっぽ」は「ほっぽり」の「り」抜けと考えられるところ。

しかして「ほっぽかす」の場合「ほっぽりかす」ではなく「ほっぽらかす」の「ら」抜きという勘繰りが成り立つ。

ということは「ら」行の活用なるものが存在していそうな気配である。

「投げろ」というのであれば「ほっぽれ」

「投げる」であらば「ほっぽる」

「投げれば」だと「ほっぽらしゃあ」

「投げらせば」なら「ほっぽさしゃあ」(多分「ほっぽらさしゃあ」の「ら」抜き)

ちなみに「投げる」は「試合で投げる」という意の他に「試合を投げる」みたいな「投げる」の意も含むものである。

「ほっぽかす」とかいう使い方は屁理屈上に於いては「ほっぽらかす」であって「ら」抜き表現ということになるのであろうか。

「ほっぽっとく」(放置しておく)というのは「ほっぽりておく」とかになるのか?「ほっぽらせておく」の変とも勘繰れるかな。

いずれにしても「ほっぽ」という言葉はなくて、あくまで「ほっぽる」のラ行変格のはしょった言い方が「ほっぽ」という風に思えてくる。

ちなみに「ほっぽる」に似た表現の「うっちゃる」との違いは、放り投げるという事では一緒だが例えば仕事や作業をと言う場合、再開しそうにもない(放棄する)のが「うっちゃる」で再開するかも(中断する)というのが「ほっぽる」という違いが感じられる。

例文

A「あいつぁ仕事ほっぽらかいてどこ行っただあ。」

B「腹痛いっつって便所行ったにい。大分前だけど。」

C「違うって。行ったの便所じゃなくて病院だにい。」

B「そうけえ。知らなんだやあ。」

A「ひとことゆってけっつうだよなあ。」

C「いいじゃんやたらくしゃ救急車呼ぶよりか。」

B「まあ確かに救急車じゃ大事(おおごと)んなるもんな。」

|
|

« 「置かせて」と「置かして」の違い | トップページ | 「行こまい」と「行かまい」 »

1-2・遠州弁ほ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53418775

この記事へのトラックバック一覧です: ほっぽる:

« 「置かせて」と「置かして」の違い | トップページ | 「行こまい」と「行かまい」 »