« しょんばい その2 | トップページ | うれしいだけどやあ その2 »

浜松昔話 バイパス造らまい・馬込川いぜりまい・プール泳ぎまい

ユーチューブから昭和36年の浜松市政ニュースの映像。

発信者は「浜松市動画チャンネル」さん。

これ視ての感想と思い出なぞを

バイパス造らまい

松江、新町、板屋町懐かしい。はましんの屋上で計測してるの画はあああそこかと直ぐ分かる。あの横は正面から見て右がガソリンスタンドで左が写真屋さんだったよな。写真屋さんの横は古本屋さんだったな確か。

あの近辺で思い出すことといったら、この映像より後の年代だけど馬込の方から板屋町に抜けるのに近道しようとしてとあるモータープールの敷地を縦断すると入口の小屋で店番してるおっさんにえらい剣幕で「こかあ道路じゃねえぞ!」と何度怒鳴られたことか。一度怒鳴られても懲りずに今日は居ねえだろうなあと何度も抜けようとチャレンジした根拠のない都合のいい方にしか思考が行かないあの頃が羨ましい。

あの頃の渋滞のイメージが強くて今でも混んでるという刷り込みがあってなるべく避けて通るようにはしている旧国1であるが、この映像にあるようなトラックはバイパス出来て確かに姿を消したよなあ。夜はそれなりに車の行き来は減って渋滞は消えてるし。効果は抜群であるということだよな。

馬込川いぜりまい

駅南の生まれ育ちじゃないので正直そうだったのかと初めて知ったくらいの勢い。新津というのは新津町のことではなく別物の字名。地元じゃないので詳しくは知らないが五島・新津・白脇・芳川と言う地名が出てたけど芳川は町名になってるけど他のは町名ではない。

馬込川の始まりってどこだろと高校生の時分にけったーで川を遡って追っかけた事があった。確か浜北の田んぼの真ん中くらいのとこだとちっこい看板に書かれてあったような記憶がある。元は天竜川と繋がっていたものをせき止めて別の川にしたみたいなことがネットのどこぞに記されていたような。

市営プールで泳ぎまい

あそこのプールで泳いだ経験がある。自分が泳いだ頃は映像と違ってもう十分年季が入っている風に思えた。その頃の印象でいうと、観客席は夏はちんちんになっていたのとコンクリートが粗い目で小石がちくちくするので、尻に何か敷かないと座っていられないものだった。

客席はちんちんだが水は冷え冷えで泳ぎに行くというよりもプールサイドで甲羅干しする事の方のが悦だった。足の付かないプールというのも初めてで怖かったな。海は下が見えなくて何が潜んでるのか分からない怖さがあるけど、そういうのとは違う溺れたりしたら自力ではいかんともし難いという怖さみたいなものを感じたな。

山側は動物園で雉かなにかの鳴き声が聞こえたりもした。

反対の側は小道を挟んで体育館となっていたっけ。ホテルコンコルドはまだ建っていなかったけど、建つ前は何があったんだろ。ホテルコンコルドと体育館の間は道になってたけどあれって元は線路だったそうな。

市営プール、今は公園になっていて桜とかが植わってるけど景色は随分様変わりしたもんだと思える。面影が無い。

|
|

« しょんばい その2 | トップページ | うれしいだけどやあ その2 »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53149318

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松昔話 バイパス造らまい・馬込川いぜりまい・プール泳ぎまい:

« しょんばい その2 | トップページ | うれしいだけどやあ その2 »