« 「やらにゃかんこん」と「しんとかんこん」 | トップページ | しょんないTV 第15回 »

「だら」 その2

遠州弁た行

「だら」

追加説明

以前初歩として「だら」=「だろ」と説明したが、必ずそうなるものではないということを説明しておこうかと。

例えば

「さっさと行けばいいのになんで行かないんだろ。」

というのを

「さっさと行きゃあいいだになんで行かんだら。」

とはならないということ。(「だら」ではなく「だか」・「だや」・「だね」などと言うのが普通。)

「だら」は推測・憶測とかであって疑問の意を表すものではない。

「なにしてるんだろ」を「なにしてるんだら」とはならない。

「なにかしてるんだろ」を「なんかしてるんだら」とはなる。

じゃあ「だら?」はなんだとなると、これは憶測・推測に対する同意(共感)を求めるものである。

「なんかしてるんだら?」というのは直で訳すと「何かしてるんだろ?」であるがニュアンス的にだと「何かしてるって事だろ?」と訳す方がよりいいことになる。

「だら」=「だろ」というのに於いて、共通語の「だろ」の意味使い凡てを含むものではないということであろうか。

|
|

« 「やらにゃかんこん」と「しんとかんこん」 | トップページ | しょんないTV 第15回 »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53338739

この記事へのトラックバック一覧です: 「だら」 その2:

« 「やらにゃかんこん」と「しんとかんこん」 | トップページ | しょんないTV 第15回 »