« 「だら」は遠州弁だけなんてこたあるまいに | トップページ | お好み焼き »

しょんないTV 第14回

水窪の綱引き合戦に参加の巻

毎年信州軍(長野県)と遠州軍(しぞ~か県)の間で領土を巡って綱引き合戦が行われている。

今年で25戦目だそうな。戦績は去年までで12勝12敗なんだそうな。

水窪といえば、昔(昭和の頃)の話しだが冬に街中でしゃりしゃりチェーン(もしくはスパイク)の音鳴らしながら走っていたらあえて振り向かなくてもそれは水窪から来た車に違いない。というくらい冬の暮らしは浜松と異なる地域である。

浜松は雪はおろか道路が日中凍結する事すらない(朝方は寒いと流石に凍るが)というくらいからっ風さえなければ温暖な地域である。ぬくとく過ごしやすいかと言われると風が強いのでさに非ずではあるが。

言葉に関しては自分の知ってる限りでは普通に浜松ことばの遠州弁であり、むしろ天竜川越えた掛川・袋井辺りの方がよっぽど浜松との違いを感じたりするものである。もっとも水窪衆が気を遣っているだけかもしれないが。

で、この綱引き合戦。以前は遠山郷と水窪との町(地域)同士のお祭りという規模だったのであろうが、磐田郡水窪町が浜松市水窪町になってから市長が出張って応援したりと市同士のイベントと映る様になった。それに伴って地方のニュースで取り上げられるようになってきた。

9万回勝ったら諏訪湖が手に入るってのは初耳だ。でも細かい数え方は知らないが一年に一回のイベントだから9万って遥か先の話しだよなあ。なんで9万という数字なんだろ。信州軍が勝ったら浜名湖が手に入るのかな?それとも佐鳴湖?

このイベントは浜松市民総出でというものではなくあくまで水窪衆のお祭りである。どういったいわれで始まったのかは知らないが、♪勝った負けたで騒ぐじゃないよ~♪というべきものであろう。

それにしてはやけに「ガチ」だったなあ。やっきになってる(喧嘩腰にすらなってる)ような頭に血が上った人も映ってたなあ。いかにも祭りらしいや。

瀧さんが「マジ」だったけどおちゃらける空気じゃないのがよく映し出されてたよな。自分も出てみたいかといったら選手として選ばれた以上頑張らねばと背負い込む団体戦特有のプレッシャー愉しめる方じゃないので見てるが一番って感じだよな。

それにつけても広瀬アナ場を和ますにおいての才これありだよなあ。飴舐めたまま喋ったり。大抵いつも笑っているけどそれがヘラヘラではなくニコニコという感じで(もちろん無茶振りに困った挙句の苦笑いというのもよくあるが)場違いな雰囲気にならない笑顔であるよな。

追記

SBSの旗貰っててえへらえへらのシーン観て、そうゆやあこないだ広瀬アナSBSの(多分)イブニングアイとかいう番組に登場してたなあ。重長アナとなにやら話してたような。ガン見してた訳じゃなくひょいとテレビの画面見たらそういう景色だったという程度なのでなにがなにやらどういう会話だったのかは定かに非ずだけど。

とにかくこれは瀧さん曰くの「次TBS行っとく?」の前段階の下ごしらえなんだろうか。

|
|

« 「だら」は遠州弁だけなんてこたあるまいに | トップページ | お好み焼き »

2・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53255919

この記事へのトラックバック一覧です: しょんないTV 第14回:

« 「だら」は遠州弁だけなんてこたあるまいに | トップページ | お好み焼き »