« 不条理という言葉はあるが条理という言葉はあるのか | トップページ | られる »

「くりょ」と「くりょう」

遠州弁的言い回し

「くりょ」と「くりょう」の違い

レベル 日常茶飯事レベル

「持ってってくりょ」と「持ってってくりょう」だとその違いは

「とっとと持ってって」と「持っていってくれよ」といった違いであろうか。

「やあ、なんしょええでちゃっちゃとやっとくりょ。」

「やあ、なんしょええでちゃっちゃとやっとくりょう。」

とでは極端に訳すと

「おい、とにかくいいからとっととやってくれや。」

「まあ、とにかくいいからとっととやってくれよ。」

といった勢いの違いになる。

このように強めに言う場合は「くりょ」でやさしめに言いたい場合には「くりょう」をといった使い分けがある。もっともやさしめといってもあくまで指示・要請といったものであり依頼・要望といった程には柔らかくはならないが。

勝手に思ってるのだが、「くりょー」といった長音化したものではなく「くりょ」+「う」という助動詞特殊型の「う」であろう。辞書引いての「えん曲表現を表わす。例『それで好かろう』。」という意の「う」だと思うところ。

音においては「う」ではなく「くりょお」と「お」と発することが多い。

例文

「おい、これでいいだか見とくりょ。」

「なにえらそうこいてるよを。あんたわしに教わってる身分だにい。」

「まあそういわすと見とくりょうやあ。」

「しょんねえなあ・・・・・。ま、いいんじゃない?」

|
|

« 不条理という言葉はあるが条理という言葉はあるのか | トップページ | られる »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53131642

この記事へのトラックバック一覧です: 「くりょ」と「くりょう」:

« 不条理という言葉はあるが条理という言葉はあるのか | トップページ | られる »