« こん | トップページ | いらんこん »

かんこん

遠州弁的言い回し

「かんこん」

例「しにゃかんこん」

レベル 日常茶飯事レベル

「かんこん」。「かん」(いかん)と「こん」(こと)の合わせ技である。「いけないこと」ということであるがこれだけで使われるというものではない。

「かんこん。それは盗む事。」とかいう使い方はしないということ。

実際の使い方例を挙げれば

「しにゃかんこん」。訳せば「しなければいけないこと」

「かん」は「いかん」の略されたもので「いけない」という意味。

「こん」は「こと」(事)の変じたものである。

「冠婚でいかんこんってあるだ?」とかいうオヤジギャグも湧く。

「いけない」という言い方は「かん」(いかぬ)を使うが多く、「ならん」(ならぬ)という言い方例えば「いけん」などは遠州では少な目である。

他には「言ってはならないこと」を「いっちゃならんこん」とは言わず「ゆっちゃかんこん」と言う事の方が多いなどといった風にである。

例文

「会議出る前に各自ゆわにゃかんこんおさらいしといてよ。」

「なにゆうだったっけか。」

「きのう資料渡したらあ。そこんさあに書いてあるだで。」

「きんのうなにしてたっけやあ。そうだ外出てていんかったたわ。だもんでもらっちゃいんよを。」

「じゃ、あんたいんでもいいだわあ。割り振り昨日決めただで。」

「なんかラッキー。」

「その分次のは まるさらゆってもらうで。」

「そりゃ随分だらあ。」

|
|

« こん | トップページ | いらんこん »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53281038

この記事へのトラックバック一覧です: かんこん:

« こん | トップページ | いらんこん »