« 多分無いだろうな「おもぼったい」 | トップページ | 怒れる その2 »

怒れてくる その2

遠州弁的言い回し

おこれてくる

補足記事

「おこれてくる」は「ら」抜き言葉ではない。

もし「ら」を入れて「おこられてくる」としたら叱責を受けてくるという意味でまったく別物となる。

共通語を基準に遠州弁を見ると「見れる」は「見られる」だろうと云った風に「ら」抜き言葉と思われるようだが、「ら」を無理に入れたら成立しない言い回しが存在するものである。

もっとも「怒れる獅子」といったように「いかれる」とすれば共通語なのだからして高らかに遠州弁には独特(共通語とは異なる)の理屈が存在すると言い放つことは出来ないが、「おこれた」(むかついた)を「いかれた」とは共通語では言わないであろうからして微妙に違うようだと思えてくる。

|
|

« 多分無いだろうな「おもぼったい」 | トップページ | 怒れる その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53209146

この記事へのトラックバック一覧です: 怒れてくる その2:

« 多分無いだろうな「おもぼったい」 | トップページ | 怒れる その2 »