« 「やってこれた」と「やってこられた」 | トップページ | 「ぶしょい」と「ぶしょったい」 その2 »

「ない」より「ありもしん」

遠州弁的言い回し

「ない」というより「ありもしん」。

レベル 中年の域到達レベル

例えば「うんもすんも」。この後に続くのは共通語だと「ない」であろうが

遠州弁では「うんもすんもありもしん」と「ありもしない」という言い方をよくする。

「誰もそんなこと言ってない。」というのも

「だれもそんなこんゆってもしん。」と「言ってもいない」という事の方が多い。

「しない」ということであれば「しもしん」「してない」なら「してもしん」という風になる。

といったように「ない」を「ん」と略すことが多く

「見ない」は「見ん」、「しない」は「しん」、「やらない」は「やらん」といった具合となる。

しかして「誰もそんなこと言ってない。」を「だれもそんなこんゆってん。」となるときつい突き放したよう言い回しに聞こえるところで。

「ゆってもしん」を使えば「言ってないだろうが」といったニュアンスとなる。

きっぱり「ない」と言い切るより「ありもしない」と言う方が角がたたない感じと受け取れるものである。

もっとも遠州弁知らない人にとってはどっちもオイオイという領域なのかもしれないが。

ちなみに「ありもしん」以外の言い方だと「ありゃせん」(~やせん)・「ないじゃん」とかがある。

なお、「ありゃせん」は「ありはしない」であり「~はしない」と「ありもしん」の「~もしない」といった違いはある。

例文

「あれどこやったよを。」

「机に無いい?さっきいそこ置いた筈だけどやあ。よく見てやあ。」

「んなこんゆったってどこにもありもしん。」

それと「ありもしんに」と「に」がつくと「ありもしないだろうが」といった意味のものとなる。

|
|

« 「やってこれた」と「やってこられた」 | トップページ | 「ぶしょい」と「ぶしょったい」 その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

言いますね。「ありもしん」
「そーだかしん」の「しん」と同じでしょうか?

楽しいページですね!読んでて笑ってしまいます。
当方中川根育ち、浜松出身の夫と袋井に住んで十何年です。
夫は、実家での私と父の会話は半分くらいわからないそうです。
天竜川と大井川の間で、かなーり変わりますよね。

投稿: のほほ | 2011年10月 4日 (火) 21時27分

のほほさんコメントありがとうございます。

あくまで個人的な意見ですが
「かしん」の「しん」は「かしらん」で「しらん」の変。「ありもしん」の「しん」は「しない」の変で
別物と思えますがいかがでしょう。

確かに川超えると違いますわなあ。実感しますわそれはホント。

投稿: 管理人 | 2011年10月 4日 (火) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52853401

この記事へのトラックバック一覧です: 「ない」より「ありもしん」:

« 「やってこれた」と「やってこられた」 | トップページ | 「ぶしょい」と「ぶしょったい」 その2 »