« やっちゃわやいいじゃん | トップページ | 「やってこれた」と「やってこられた」 »

しんじらんない

遠州弁的言い回し

「しんじらんない」

は遠州弁的には言わない物言い。

レベル まあ日常に即さない屁理屈

現実的には浜松とかでも発せられているものではあるが

「信じられない」を「信じらんない」という言い方。「れ」が「ん」に変わるものである。

この言い方は遠州弁という事においてはおそらくは無いパターンである。何故か。

遠州弁は「ら」抜き基本だから「信じられない」は「信じれない」が原則である。

なおかつここからの変化は「ない」の撥音便化で「ん」となっての

「しんじれん」

という事になるのである。ちなみに「信じれない」という言い方は普通はしない。

共通語パターンでの「れ」が「ん」に変わるパターンということでの「信じんない」という言い方は無い。それにこれだと「信心無い」と間違いやすいので存在しない変化とも思える。

「ならない」を「なんない」という言い方は遠州でもするところであるが遠州弁的傾向からすると「ならん」というのが本筋なのかもしれない。

もちろん「れ」→「ん」に変わる変化は遠州弁はしないという事では無く、「しれない」を「しんない」となったりとかで使われる。しかして「しれん」と「しんない」だと「しれん」の方がより遠州弁っぽいところではあるが。

「見ないでおこう 」は「みんとこ」と変わる次第。といったように「ない」→「ん」というのはよくある事であるが、「見られない」とかいったいくつか「ん」になる要素がある言葉においては「れ」→「ん」になるということよりも「ない」→「ん」になる方が優先される傾向にあるのではと邪推するところである。

ちなみに「ない」→「ん」と考えるよりも「ぬ」→「ん」の変化と考えた方が分かりがいいのかもしれない。

蛇足として、他の「信じられない」(本当かよ・嘘みたい)の言い方としてニュアンスの違いはあるが

「ホントにけえ」(本当かよ)・「嘘だらあ」(嘘だろう)

「しんじれすか」(信じられるか)・「しんじれすかや」(信じられるかよ)

「しんじれっか」(信じられるか)

とかいうのがある。

例文

「あれ?あいつは?」

「はあとっくに出てったにい。」

「うっそぉ!しんじれん。一緒に行くっつっただにい。」

  (嘘でしょ?信じられない。一緒に行くからって言っといたのにい。)

「聞いちゃいんかっただらあ。」

|
|

« やっちゃわやいいじゃん | トップページ | 「やってこれた」と「やってこられた」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52864521

この記事へのトラックバック一覧です: しんじらんない:

« やっちゃわやいいじゃん | トップページ | 「やってこれた」と「やってこられた」 »