« とにかく・とにもかくにも・とにかくも | トップページ | 遠州では伝わらない言葉「ぼっけえ」 »

「ちゃっちゃと」と「ちゃっちゃか」

遠州弁的言い回し

「ちゃっちゃと」と「ちゃっちゃか」は同じや否や

レベル 個人的意見

「ちゃっちゃと」も「ちゃっちゃか」どちらも共通語だとは思っているのだが。

存外「ちゃっちゃと」は方言枠に入れられてる気配がしなくもなく、まあそれならという前提で話しを進めると。

遠州弁的においての「ちゃっちゃと」と「ちゃっちゃか」はどう違うのかというのを考えてみる。

例として「ほら、ちゃっちゃか動く。」というのは「ほら、機敏に動け。」とかいった急かせる物言いであろう。状況としては前から手を引っ張る感じであろうか「ついてこいよ」とか「みんなに合わせろ」みたいな。他の言葉に置き換えるとしたら「はきはき」・「はしはし」・「きびきび」とっいったものであろうか。

それに対して「ちゃっちゃと動きい。」というのは「とっとと動け。」といった起動・始動を督促している事が多い物言いである。状況としては背中を押してる(もしくは蹴ってる)感じが強い。「とっとと」・「そそくさ」・「もさもさしない」・「さっさと」といった言葉が近いものであろうか。なお、機敏にという使い方もする事があるので使い方によっては「ちゃっちゃか」との違いが無い場合もある。

「いつまでごろごろしてるだあ。ちゃっちゃと仕事に就けやあ。」。この場合「ちゃっちゃか」には置き換えられない。「ちゃっちゃかに」としても無理っぽい。「ちゃっちゃかと」なら辛うじてありっぽい。

「いつまでごろごろしてるだあ。ちゃっちゃか持ち場について仕事に就けやあ。」ということならありである。

「いつまでごろごろしてるだあ。ちゃっちゃと仕事しろやあ。」こちらも「ちゃっちゃか」にすると違和感がある。

「ちんたらしてんじゃねえよ。ちゃっちゃか仕事しろやあ。」・「いつまでごろごろしてるだあ。ちゃっちゃか仕事しんと終われねえぞ。」とかならありである。

上記の例文に於いて「ちゃっちゃか」を「ちゃっちゃと」に置き換える事はどれも可能である。「ちゃっちゃと」を「ちゃっちゃか」に単純に置き換える事はできない事が多い。

このように「ちゃっちゃか」と較べると「ちゃっちゃと」は使用範囲が広く、大抵「ちゃっちゃと」で済ませられるので遠州では「ちゃっちゃか」はあまり使わないという傾向があるのかもしれない。

|
|

« とにかく・とにもかくにも・とにかくも | トップページ | 遠州では伝わらない言葉「ぼっけえ」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52824177

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちゃっちゃと」と「ちゃっちゃか」:

« とにかく・とにもかくにも・とにかくも | トップページ | 遠州では伝わらない言葉「ぼっけえ」 »