« 「つんで」と「つうんで」 | トップページ | かい・かいい その2 »

「しょんない」と「しょんねえ」の違い

遠州弁的言い回し

「しょんない」と「しょんねえ」は

やっぱり違う。

レベル 個人的感覚

「しょうもねえ奴」だと手に負えない奴という意味で、怒ってる要素も多少含まれるニュアンスの悪口・陰口である。勢い的には「仕方のない」に近い。

「しょんねえ奴」だと手の焼ける奴とかいう意味で、困ったもんだといったニュアンスなのであるが、許せるという許容範囲内のもので悪口・陰口の類いではない。分類するなら愚痴・不平といったものであろうか。勢いとしては「しょうがない」に近い。

「しょんない奴」となると突飛な奴突拍子もない奴とかいった意味で嫌いというのなら悪口というものになり好感を持っているのなら呆れるといったニュアンスで話しのネタの主人公を指すものとなろうか。または箸にも棒にもかからない奴とかいったニュアンスで使われたりもする。話しのネタの登場人物とはいえ本人が居ない時にという使い方ばかりでなくもちろん当人に直接「しょんないやっちゃなあ」とか発したりもするところであるが。基本親しみの籠もったものである。

蛇足で「ひょうきんな奴」・「ひょんきんな奴」とかと「しょんない奴」はそのニュアンスが被るのではないかというと

「ひょんきんな人」と発すると、その意は「変な人」・「おかしな人」というものである。意味使いには二通りあって、ひとつは協調性とかからすると異質なという悪い方の意味使い。これの場合には「しょんねえ」に近いニュアンスということになる

もうひとつは、その程度のほどは思わず引いてしまうような異質なものではなく突飛という勢いのもので、「なに馬鹿やってんの」とかなつっこみといったものである。こちらは「しょんない」に近いニュアンスという事になる。

つまり批判・悪口とかいったものではなく愛嬌を伴ったつっこみといった勢いのものである。たまあに軽薄といったニュアンスが含まれる使い方をすることもあったりする。

そういう意味では共通語の「ひょうきんな人」と大した違いはないところであるが、「剽軽な人」と言うよりも「ひょんきんな人」と言った方が親しみ度合いが増すものである。

で、「ひょんきん」と「しょんない」の違いはというのは「しょんない」を使うとおふざけてなくて真面目(真剣)にやっての上での突飛という勢いが強く、「ひょんきん」を使うとふざけてる突飛さという勢いが強くなるといった違いが感じられるものである。

 できれば関わりあいたくない領域というのは

 「しょうもねえ奴」・「しょんねえ奴」

関わる事に苦を感じるものではない領域というのが

「しょんない奴」

微妙(場合によりけり)なのが

「ひょんきんな奴」

といったところであろうか。

|
|

« 「つんで」と「つうんで」 | トップページ | かい・かいい その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52903111

この記事へのトラックバック一覧です: 「しょんない」と「しょんねえ」の違い:

« 「つんで」と「つうんで」 | トップページ | かい・かいい その2 »