« 「ない」より「ありもしん」 | トップページ | とにかく・とにもかくにも・とにかくも »

「ぶしょい」と「ぶしょったい」 その2

遠州弁ふ行

「ぶしょい」と「ぶしょったい」の違い

レベル 日常茶飯事レベル

「ぶしょい」も「ぶしょったい」もどちらも訳すと「見苦しい」ということになるが、それぞれ見苦しいにしてもニュアンスの違いがあるものである。(ぶしょったいの言葉の意味についてのくどい説明は別記事を参照くだされ)

「ぶしょい」は「不精」に「い」をつけて形容動詞の形容詞化したもので「結構」+「い」で「けっこい」、「賑やか」+「い」で「にぎやかい」とかいうのと同じパターンである。

「ぶしょったい」は「不精」に「~っぽい」という意味の「ったい」を組み合わせた言い回しと思われる。「嫌」+「ったい」で「いやったい」とかいうのと同じパターンである。

ちなみに「ぶしょぼったい」という言い方は無い。

まあそんなよく分からん屁理屈ぬかしても意味ないのでニュアンス的にいうと、「ぶしょい」は完全な「駄目だし」である。

「ぶしょったい」はその点改善を求めるみたいな「なんとかしなよ」というニュアンスが籠もるものであるが「ぶしょい」は「ダメだこりゃ」といったどうしようもないと思ってる勢いが強い。

それと「ぶしょったい」はどこか曖昧というかぼかす勢いがあって露骨に言ってる感はない。「ぶしょい」は断定であって言い切っているものである。

使い方としては例を挙げると

「ぶしょくしちゃかんにい。」(変にしないでよ。)・(変にしちゃ駄目だからね)または(おかしくしないでよ。)

「ぶしょったくしんでよ。」(変な風にしないでよ。)または(おかしな風にしないでよ。)

といったような違いが出る。

「なんかばかぶしょかった。」(なんというかとても見苦しかった。)ここでの「ばか」は「とても」というニュアンスになる。

「なんかばかぶしょったかった。」(なんかねえ変に見苦しかった。)ここでの「ばか」は「やけに」というニュアンスになる。

まあ実際には「ばかぶしょかった」という言い方はあまりしないが、屁理屈こねるとこういった違いが出る。

この他に「ぶしょった」という言い回しも存在し、そのニュアンスは「決めつけ」の強弱でいうと「ぶしょったい」<「ぶしょった」<「ぶしょい」といった中間的なものである。

他に近い言い回しを探すと

「こぐさらぼったい」。こちらは「だらしない」・「汚い」という意味らしく「ぶしょったい」とは近いような遠いような。まあ「見苦しい」と「だらしない」は必ずしも同じではないだろうから遠目かもなあ。自分は使わないのでそこら辺の細かい機微のニュアンスはよく分からない。

「みばあよくない」(見映えが良くない)。「見た目が悪い」・「見てくれがよくない」などというニュアンスのもので「見苦しい」というニュアンスではないが一応並べてみた。

|
|

« 「ない」より「ありもしん」 | トップページ | とにかく・とにもかくにも・とにかくも »

1-2・遠州弁ふ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52658503

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぶしょい」と「ぶしょったい」 その2:

« 「ない」より「ありもしん」 | トップページ | とにかく・とにもかくにも・とにかくも »