« 「どしょおもない」と「どうしょうもない」は当然違う | トップページ | らに »

よしない

遠州弁的言い回し

「よしない」

レベル 日常茶飯事レベル

「やるのよしない」で「やるのはよしなよ」と言っている。

これくらいだと「よ」が「い」になったくらいで理解が出来ようが

これが例えば「立つ」だと

「立たっとよしない」(立たんでもいいよ)

「言う」で

「言わっとよしない」(言うのはよしなよ)

とかになるともろ方言となる。

以前記事にした「よしなよ」との違いは強制度合いが「よしなよ」の方が強く「よしない」はアドバイスといった感じである。それと「よしない」には若干上から目線もしくは醒めた印象を与えるもので人によっては偉そうにと思われかねないものである。

例文

「買わっとよしない。」

   (買うのはよしなよ。)

「なんでえ。」

   (どうしてだよ。)

「なんか作りんやごかないけ?すぐ壊れそうだで、どうかと思うやあ。」

   (なんとなく作りがちんけじゃない?すぐに壊れそうだからよした方がいいと思うなあ。)

|
|

« 「どしょおもない」と「どうしょうもない」は当然違う | トップページ | らに »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52560324

この記事へのトラックバック一覧です: よしない:

« 「どしょおもない」と「どうしょうもない」は当然違う | トップページ | らに »