« 調子良く無し | トップページ | れれ足す言葉 その2 »

「っぱ」と「っぱあ」の違い その2

遠州弁的言い回し

例えば「やりっぱ」と「やりっぱあ」

これはどう違うか

必ずこういう使い分けをしてるというわけではないのだが

例えば「おきっぱ」と「おきっぱあ」

「おきっぱ」は「置きっぱなし」の略した言い方で

「おきっぱあ」となると「置きっぱなしにする人」を指す。

このように「やりっぱ」は「やりっぱなし」で「やりっぱあ」は「やりっぱなしな人」という違いになる。

例文

「ほんっとにあいつ『片す』っつうこん知らんおきっぱあだなあ。」

「にしたって見てみい、なんでもかんでもやたらくしゃおきっぱになってるにい。」

「ほんとだ。脱ぎっぱの服とか資料とかのあいさに喰いかけとか混ざってる。」

「もしかして本人ゴミという意識ないのかも。」

「なにそれ。」

「体とか手から離れたもんなら なんしょ いっしょくたあ なもんだと思ってるだらあ。」

「分別(ぶんべつ)でけんっつうこんかあ。」

「だもんで分別(ふんべつ)ないだよ普段から。」

「面白い事ゆうじゃん。」

似たような表現としては「~しい」・「~っちい」というのがあって

「あいつぁ出し惜しみしいだもんで頼んでも無理だにい。」

「あいつぁ物持っちいだもんでなんか使えるのあるらあ。」

とかいった使い方になる。こちらも「~な人」という意味で使われるものである。

これらはどちらにも入れ替えが出来るものでは無く、前に掛かる言葉によって「~しい」・「~っちい」とかいった風に変化する同じ意味合いの言葉であろうと推察される。

なんでこうなるのか、どういう理屈によってそれぞれの言葉に「しい」・「っちい」が振り分けられるのかとかいったものが判れば面白いのだが、残念ながら分からない。具体例を並べて比較してくしかないのだろうけど、いざ書きとどめておこうかとなると案外思い浮かんでこないものだ。

別の視点で考えて、「女々しい」と「めめっちい」の関係みたいなもんだろとも思えるのだが、これは遠州弁での「~な人」という意味使いのものではないので別物といえそうと思える。

「っぱあ」については「~しっぱなしな人」という事で多少ニュアンスが異なるので掴みやすいところであるが。

まあでも「しい」は「~したがる」・「~する傾向が強い」奴というニュアンスではある。

「っちい」についてはよく掴めていない。

|
|

« 調子良く無し | トップページ | れれ足す言葉 その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52819944

この記事へのトラックバック一覧です: 「っぱ」と「っぱあ」の違い その2:

« 調子良く無し | トップページ | れれ足す言葉 その2 »