« よしない | トップページ | 「言ってないよ」の言い方 »

らに

遠州弁的言い回し

「らに」

例えば「やりいくるらに」

さてなんと言っている。

レベル 難解、非普段使いレベル

例えば「やりい くる らに」。訳さば「やりにくるだろうに」もしくは「だろうから」。

「見にいくだろうに」・「見にいくだろうから」だと「見い いく らに」となる。

まあ厳密にであれば「らに」ではなく「ら」+「に」というものであろうが。

初歩において「ら」→「ろ」、「に」→「よ」と訳すと幾度か説明しているが、この場合には「に」は「に」である。つまり遠州弁の「に」ではなく共通語の「に」であるということ。

この使い分け・聞き分けは遠州弁の使い手は無意識に普通にしている。

古文っぽくして「あらふに」(あろうに)の変及びはしょり形が「らに」となったといった邪推がもし成り立つならば少しは判りがいいのかも。(まああくまで邪推なので正しい訳では無い。)

それと、この言い方の場合「だらに」とはならない。

「やりいくるだらに」、「見いいくだらに」とかにはならないのである。屁理屈的には「見に行くだろうに」という事で「だに」で別におかしくはなく却って「見いいくらに」の方が理屈の上では「見に行くろに」となっておかしいのだが現実には「みいいくだらに」には違和感を感じるものである。

「らに」を使わない場合には実際どう言ってるかというと「見いいくらあ」とか「やりいくだらあ」といった「だろうよ」という言い回しを使う事が多い。「だろうに」としたい場合には「らに」か変形せずに「だろうに」もしくは「だろに」であろうか。

言える事はこの使い方の「ら」は初級編ではないということ。意味的にいえば「ら」は「だら」の略形と考えられるということ。しかも「だら」では収まりが悪く「ら」でなければはまらないこと。とまあなにかと説明しようがない(理屈が分からない)決まりごとがあって難解なレベルであろう。

実用としては私らんとこでは殆ど使われていない部類に属する気がするので一部の地域の言い回もしくは死語レベルというものであるやもしれない。

というかこれが遠州弁なのかも定かでない気がしないでもないが、じゃあどこの言葉だ?となるとあれだよなあ他所じゃなさそうだよなあという考えに至る。根拠は無いけど。

|
|

« よしない | トップページ | 「言ってないよ」の言い方 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52617541

この記事へのトラックバック一覧です: らに:

« よしない | トップページ | 「言ってないよ」の言い方 »