« 遠州弁で言葉遊び こうも聞こえなくもなし その2 | トップページ | 「舌ばか」と「ばか舌」の違い »

ちょっきり その2

遠州弁ち行

「ちょっきり」の補足説明

レベル まあ日常レベル(というか共通語だろうこれは)

「ちょっきり」。

「丁度」・「きっかり」。たまに「こっきり」・「ぽっきり

とかに置き換えられる。

ただし「今丁度来た。」を「今ちょっきり来た。」とかいった使い方はしない。

有るとしたら「今ちょっきりに来た。」でその意は「今時間通りに来た。」ということになる。

ところでこの「ちょっきり」は遠州固有かというと、ででんとネット辞書に載ってるからまごうことなき共通語であろうて方言ということではないようだ。

が、やけに地方っぽく聞こえるのは何故だろう。そういう事で自分も遠州弁枠に入れている。

「ちょっきり一回こっきりの筈だにあの野郎二回もやりゃがってやっきりこくやあ。」

大分強引な文章だが、訳すと「きっかり一回限りの筈なのにあいつは2度もやりやがって頭に来るなあ。」となる。

「ちょっきりちょんちょんでちょんにしとかんと後で喧嘩になるにい。」

訳としては「ぴったりプラスマイナスゼロで終わらせておかないと後で揉める元になるよ。」プラスマイナスゼロを「とんとん」にしてもいいか。

|
|

« 遠州弁で言葉遊び こうも聞こえなくもなし その2 | トップページ | 「舌ばか」と「ばか舌」の違い »

1-2・遠州弁ち行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52758922

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっきり その2:

« 遠州弁で言葉遊び こうも聞こえなくもなし その2 | トップページ | 「舌ばか」と「ばか舌」の違い »