« みば その2 | トップページ | 微妙な「だども」 »

まったくもって

言葉の彩?綾?誤?

「まったくもってなっちゃいん。」

訳さば「本当になってない。」とかになるであろうか。

「全くなってない」の「まったく」よりも「なってない」をより強調する言い回しが「まったくもって」だそうな。

ネット辞書の説明では、普通に「全く」というよりも、もっと強調したい場合に使われる。とある。

しかして「まったくもって不可思議な事が起きるもんだ。」とは言うが「全く不可思議な事が起きるもんだ。」とは普通言わない気がするのだが。

「全く不可思議な事が起こって理解に苦しむ。」といった言い方ならするだろうが。

それと「まったくもってなってない」というより「まったくなってない」といった方が憤慨してる(冷静さに欠ける)勢いと感じるのは気のせいなのだろうか。

間違いなく辞書が正しく自分が変なんだろうけど。

|
|

« みば その2 | トップページ | 微妙な「だども」 »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52405830

この記事へのトラックバック一覧です: まったくもって:

« みば その2 | トップページ | 微妙な「だども」 »