« こりた | トップページ | 「みゃあ」は言わぬが「にゃあ」は言う »

いかすかや

遠州弁的言い回し

「いかすかや」

なんと言っているか。

レベル 日常茶飯事レベル

遠州弁における「かや」とはなんぞやという憶測記事。

「いかすかや」。

「いかした蚊帳」・「烏賊スカ也」(烏賊をはずした)などというものではない。

「行こうかね」と促してるのがひとつ。といっても督促に近い促しであるが。

いまひとつは、「いくわけないね」と言っている。つまり絶対行かないよということ。今回は「行く訳ないね」という意での「かや」について。

こうした言い方は「読めすかや」(読めねえよ)「見れすかや」(見れねえよ)など「いく」に限られたものではない。

普通「かや」は「かな」の変で「どうだかや」だと「どうなのかな」・「行けるかや」で「行けるかい」などと訳するものであるが、「いかすかや」の場合は意思(決意)の強さを表わしていて「かな」ではなく「かよ」と訳するのが無理がない。

*古語辞典で「かや」を調べると、「詠嘆・感動の意を表わす・疑問の意を表わす・反問の意を表わす」となっている。

「うっそ~本当かや」と驚いている(驚愕が感動詠嘆の部類に属すればの話しではあるが)。「決まったって本当かや」と疑っている。「彼が言ったっての本当かや」と聞き返してる。

反問ということでは「誰が行くかや、行く訳ないじゃん」とかいう使い方ということになろうか。

と随分強引ではあるがどれも遠州弁での使い方と一致すると思われ。ということはこれは古語の生き残りであるという勘繰りが一案。

*「本当かいや」の略、もしくは「かいな」のいを省いた変形。

「かいな」は古語辞典だと上方方言で「そうですか」という意味と記されていたがネットでの辞書では近世語で疑問の意を持って確かめる気持ちを表わすとなっている。

こちらの方には上方方言にも近世語にも「驚き」の要素がない。「かいな」の変形という勘繰りは無理がありそうだ。でも関西の「ほんまかいな」って十分驚きの要素あるような気がするのだが。

ちょっと曖昧なのでこれではないかとは言いにくい。

*「かいや」についてはどの辞書にも記載されていない。和歌山弁で「~するわけない」という説明がなされていた。

「誰が行くかいや」という言い方は遠州でもするし「誰が行くかや」という言い方もする。遠州におけるこの使い分けは「行くかいや」だと「行くもんか」という意思で「行くかや」だと「絶対行かない」という強めの拒絶といったニュアンス。

どうもこれは別物の「かや」のようだ。遠州弁には「誰か行くかいや」(誰か行くのかなあ)という使い方もあるので「かいや」は「かや」とは別の言葉であろうかな。「誰か行くかやあ」という言い方あるじゃないかという点については「誰か行くか」+「やあ」であって「誰か行く」+「かや」ではないというややこしいお話し。

*「かよ」の変形か。

「かよ」はネットの辞書によると話し言葉でぞんざいな言い方として用いられる、疑問の意をやや強く表わす・反語の意味を表わす。「逃げてたまるかよ」みたいな。

こちらも感嘆のニュアンスはないみたいであるが、今まで挙げたものと違って反語という要素があるところは「誰が逃げるかあ、逃げてたまるかや」という言い方もするのであながち違うとも言い切れない。それに「ぞんざい」は遠州弁の特徴だということもあるし。

でもこれも別物の「かや」のような気がする。「そうゆうもんかや」(そういうものなのか)を「そうゆうもんかよ」とは置きかえれない。

色々挙げてきたが一番最初に挙げた古語辞典での「かや」が驚きと疑問の両方の要素を持っているという事で一番無難に思えてくる。

|
|

« こりた | トップページ | 「みゃあ」は言わぬが「にゃあ」は言う »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52213807

この記事へのトラックバック一覧です: いかすかや:

« こりた | トップページ | 「みゃあ」は言わぬが「にゃあ」は言う »