« ず | トップページ | ようは »

「すかぽんたん」と「あんぽんたん」

カテゴリー 言葉の彩?綾?誤?

「すかぽんたん」と「あんぽんたん」

はてさてどう違う?

「あんぽんたん」はネット辞書に記載がある。

「あんぽんたん」(安本丹)愚か者。あほう。ばか。多く、人を罵っていう言葉。とある。

近世上方で生まれた言葉とあるので関西の言い回しということなんだろうな。「安本丹」という字は薬の名前をもじったものと書かれてるとこもあった。

「すかぽんたん」はウィキで「すかたん」と「あんぽんたん」を足して作った造語であると説明している箇所があった。「タイムボカン」で「小原乃梨子」氏がバカ・ドジ・マヌケではきつすぎるということで発案されたとのこと。

「すかたん」でならネット辞書に記載があり

「すかたん」①当てが外れること。だまされること。②見当違いなことやへまをした人をののしっていう語。とんちんかん。まぬけ。すこたん。とある。

なるほど。自分「タイムボカン」観てないので謂れを初めて知った。

作り手の意図からすると「あんぽんたん」よりもきつくないののしる言葉というのが「すかぽんたん」ということになる。

まあ、私の地元の遠州ではなんでも「ばか」で済ますのでどっちもあまり使う事は無いのだが、「すかぽんたん」と発せられて切れる奴は堪え性のない奴と断定していいということになるのかな。

繰り返しになるけど「あんぽんたん」って「馬鹿の大足間抜けの小足。丁度いいのはあんぽんたん」とかぐらいしか普段使わない言葉だよなあ。「すかぽんたん」はタイムボカン見て育った世代が連呼したから広まり見てない人間も覚えたってことになるんだろうかな。

我が身と振り返らば言いたる事はなきなれど言わるる事は大いに有りそうにて肝に銘じとこうこの違いを。

|
|

« ず | トップページ | ようは »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52338127

この記事へのトラックバック一覧です: 「すかぽんたん」と「あんぽんたん」:

« ず | トップページ | ようは »