« 「ひょうきん」と「ひょんきん」は違う | トップページ | あだ・あでやか・つややか »

でえ その3

遠州弁的言い回し

「でえ」

あまり褒められたものではない言い方

レベル 日常茶飯事レベル

語尾につく「でえ」。訳さば「ので」とかいったものになろうか。「なんでえ」で「なので」といった具合。

聞こえる感じだととても舐めた物言いもしくは歯切れの悪い印象を与える。

つまりあまりいい印象は与えないものである。が、遠州人はこれを多用する傾向が強い。

「そういうもんでえ」とかなら「そういうものだよ」となってまあ許容範囲内であるが

「買いに行くもんでえ」とかになるとそれで終いかい、で、だからなんだよってつい思えてしまったりもする。しかも連呼となると苛々が募る。

「今日は晴れたもんでえこうちゃんと買い物行く事んなったもんでえわりいだけえが行けんくなったもんでえ。だでごめんだに。」

これが目くそ鼻くそ状態であるが浜松からしたら掛川方面の「けえが」の方がよっぽどだからなんだはっきし言えやと思えたりなんかする。掛川方面に衆らからしてみれば浜松の「でえ」にはっきし言えやと思ってることだろう。

共通語を駆使する地域からみたらどっちもどっちであるのであろうが。

いずれにせよ、あまり頻繁に使わないように心掛けることが肝要かと思える言い回しであろう。

|
|

« 「ひょうきん」と「ひょんきん」は違う | トップページ | あだ・あでやか・つややか »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52381504

この記事へのトラックバック一覧です: でえ その3:

« 「ひょうきん」と「ひょんきん」は違う | トップページ | あだ・あでやか・つややか »