« 発見!日本の旅ウォーク 浜松 | トップページ | 「おおぼったい」と「はれぼったい」 »

「いけん」より「いかん・かん」

遠州弁的言い回し

傾向として遠州弁っぽいのは

「いけん」「と「いかん」どっち?

別に答えはないのだが。

レベル どうでもいい話しレベル

「いけない」を「いけん」というのは遠州弁っぽくはない。

遠州弁っぽくというのであれば「かん」・「いかん」であろう。

「どうにもいけん」(万事休す)ではなく「どうにもかん」。

「どうにもいけん」だと「どうしても行けない」と聞き違いする可能性もある。

つまり「いけん」は「いけぬ・いけない」であって「駄目」というのなら「いかぬ・いかず」の「いかん」・「かん」を使うという事である。

っぽくはないと述べたのは、使わないわけではないからである。

普通は「持ってっちゃかんだにい」というのであるが

「持ってっちゃいけんだにい」(持っていったら駄目なんだよ)

こういう使い方をする人も確かにいるのである。

でも「どうもいまひとつ乗れて(うまくいって)ないんだよな」というのを「なんかいまいちいけんだよな」と言うより「なんかいまいちいかんだよな」と言う人がやはり多い訳で、「いけん」は「っぽく」ないと思えるところである。

どっちも使われているのでどっちが遠州弁とかいう話しじゃないのだが傾向としては「いかん」を使うのが主流という感じがする。

ちなみに「あかん」はどうかというと、直感的には関西の言葉?とイメージされるものであり使うとなると意味としては「らちゃあかん」の「明かない」という印象の方が強い。

|
|

« 発見!日本の旅ウォーク 浜松 | トップページ | 「おおぼったい」と「はれぼったい」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51828955

この記事へのトラックバック一覧です: 「いけん」より「いかん・かん」:

« 発見!日本の旅ウォーク 浜松 | トップページ | 「おおぼったい」と「はれぼったい」 »