« 「うっちゃらかし」と「ほっぽらかし」の違い | トップページ | なぶる その2 »

「いぜる」と「なぶる」 その2

遠州弁な行

主に「なぶる」の説明

「いぜる」と「なぶる」はどう違う?

レベル 日常やや死語化レベル

以前にも説明したがどちらも「さわる」という意味で使われる。

「触れる」(ふれる)ではなく「触る」(さわる)である。

「なぶる」は「なぶり殺し」とかいう使い方もあるがここでは「触る」の意味について説明するものとする。

「触る」の中でも「操作する」という意の場合

「この機械なぶれるだか?」

この機械を操作できるのか?使いこなせるのか?と聞いている。

「この機械いぜれるだか?」

こちらも操作できるか?使いこなせるか?という意味合いでも使えるが、扱えるのか?という修理や整備とかが出来るのか?という意味でも使われる事がある。「なぶる」ではそういう意味使いはしない。

「前になぶったこんあるだか?」

以前に弄った事はあるのか?と経験の有る無しを聞いている。

「前にいぜったこんあるだか?」

こちらも経験の有る無しを聞いている勢いなのでこの場合はあまり違いはない。

「なぶってたらいきなしぶっこわれた」

操作してたら急に壊れたと言っている。この場合は扱っていたらという事になる。機械とかではなく陶器とかだと使ってる最中もしくはしげしげと触っていたらというニュアンスになる。

「いぜってたらいきなりぶっこわれた」

触っていたら急に壊れたと言っている。この場合必ずしも扱うという操作とは限らない。陶器とかだと使っていなくても持ったらとか動かそうと思って触ったらとかいうニュアンスで使う事も可能である。

余談だが「触れたら壊れた」とかいう場合は「ちっと当たったら壊れた」とかいう言い方になる。

「いぜる」は現役だが「なぶる」は死語化しつつあり、なんでもかんでも「いぜる」と言う様に最近はなってきている感じがする。

|
|

« 「うっちゃらかし」と「ほっぽらかし」の違い | トップページ | なぶる その2 »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

いぜる、なぶる、私の4年半の浜松在住期間には、聞いたり使ったりした記憶がありません。比較的若い世代の人でも使いますか?

いぜるは「いじる」と似ているのかなと思いました。

投稿: にしをか? | 2011年7月12日 (火) 09時58分

共通語のいじるとは多少ニュアンスが違いますが、いじる→いぜる→えぜると変化してくものでありましょう。
「なぶる」・「ねぶる」というった言い方はもう殆ど死語でしょうね。いぜるはまだ使われてますがなぶるに於いては今使ったら通じない可能性は大でしょう。もし通じても下品か粗野ととられることは間違いないでしょうね。

投稿: 管理人 | 2011年7月12日 (火) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/52162398

この記事へのトラックバック一覧です: 「いぜる」と「なぶる」 その2:

« 「うっちゃらかし」と「ほっぽらかし」の違い | トップページ | なぶる その2 »