« *テレビで視聴した鳥取弁は遠州弁に近いや否や | トップページ | *ばか その2 »

*よしなよ

遠州弁的言い回し

「やめなさいよ」と言っている訳である。別に方言でもなんでもないが使用頻度が高いので記載。ごく稀に「そのくらいにしときなさいよ」というニュアンスで発せられることもある。

「よす」・「よしな」という言い方が遠州弁ではよく使われる。「よさないか」という言い方は殆どしない。

「やめ」・「やめな」との違いというか使い分けはあるかというと

「よしな」は事を起こす前ややり始めなどで制止するものである事が多く

「やめな」は起きている事ややっている最中などを制止するものである事が多い。

「よせ」であれば当然「やめ」と同じ使いどころとなるが「よせ」は喧嘩腰に聞こえるので余程火急の際でなければ使うのは控えめであろう。

変な表現の例えになるが、「打ち方やめ」と「打ち方よせ」では発砲してるのを止めるのが「やめ」で発砲する構え自体をするなというのが「よせ」といった風に感じられたりもする。

最初にも述べたが、こういう使い方以外にもやってる事に対して「そのくらいにしときなさいよ」といった制止として使われる事ももちろんある。

「よしなよ」という言い方は日常よく聞く言い回しであり、ニュアンスとしては「ばかっつら」や「なにしてるだあ」ほどに荒げた感じではなくなおかつ「知らんにい」みたいな他人事のような忠告といった醒めた感じでもないという強くも弱くもない中間的(標準的)な制止・忠告というものである。親身度からいっても普通であり言ったことを聞き入れてもらえなくてもまあいいやという勢いはある。親身度を増すのなら「よしない」・「よした方がいいって」。

「よしな」・「よしない」というと上から目線である。それを避けるためには「よしときない」か「よしといたほうがいいに」という言い方をすることになる。

「よしなよ」はどちらかというとあくまで忠告であって本気で制止するという感じではなく、本気でやめさせるとかだったら「やっちゃかん」・「するじゃない」といった「やるな」・「するな」という言い方をする。

「そのくらいにしときなさいよ」という使い方例としてはイメージ的にいうと学級委員が正義感から悪さしてる同級生に向かって発する「よしなよ」というのが思い浮かぶ。こちらも忠告であって制止するつもりなら「あんたらなにやってるよを」とかになる。

「よしなよ」には発しても効力は期待してないというか言うだけ(自分が言っても)無駄だけど一応言うべきだから言ったみたいな勢いも少なからずある。

例文

「くっそ~。また負けた。次こそ勝ってやる。」

「よしなよ。どうせまた馬鹿見るだで。」

「負けっぱなしじゃやっきりこくじゃん。」

|
|

« *テレビで視聴した鳥取弁は遠州弁に近いや否や | トップページ | *ばか その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51575027

この記事へのトラックバック一覧です: *よしなよ:

« *テレビで視聴した鳥取弁は遠州弁に近いや否や | トップページ | *ばか その2 »