« *いんで | トップページ | *こぞむ »

*やってみい

遠州弁的言い回し

「そんなこんゆうならあんたやってみい」

「やってみ」ではなく「やってみい」。決して「み~」と伸ばすものではない。

この「い」は「やりない」・「見てきい」とかと同じものである。関西でも使いそうな感じであり遠州独特という訳ではなさそうだ。

意味は古語辞典には

「い」{終助詞}①呼びかけの意を表す。②命令の意を確かにする。③強めの働きをする。とあって遠州弁の「い」はまさにそのままである。

ちなみに国語辞典では

「い」{終助詞}①(男性が同輩以下もしくは同輩に対して使う。まれに高年の女性も使う)親しい間柄にある相手に気楽な気持ちで質問する文の末に付けて用いる。(ねよりはぞんざいな言い方)。「元気かい」・「それはなんだい」②(主として男性が使う)「心外だ」とか、そうしてくれなくては困るという意味の文の末に付けて用いる。(「よ」よりは相手を責める意が強い)。「何言ってんだい」・「早くしろい」。③相手に何かを訴えたい気持ちを表わす文の末に付けて用いる。「大変だい」・「間違えちゃったい」。とある。全くというわけではないが遠州弁の「い」とは離れている。

ちなみに①の例文「元気かい」は遠州弁だと「元気けえ」②の「何言ってんだい」は「なにこいてるだあ」(女性なら「なにゆってるよを」)③「大変だい」なら「大変でえ」とかになる。おそらくだが共通語の「い」は遠州弁では「え」が当てはまるような気がする。

「い」は「よ」と訳せるのであるがニュアンスは「よ」程に強い言い方ではない。これは国語辞典「い」②とは逆っぽいくらいである。

「そんなこんゆうならあんたやってみよ。」

  (そんなこと言うのならあなたやってみなさいよ。)

「そんなこんゆうならあんたやってみい。」

  (そんな事いうのならあなたやってごらんよ。)もしくは(みやってなよう)

とかいった違いとなる。この場合の「い」は古語辞典①+②の使い方であろうか。ちなみに

「そんなこんゆうならあんたやってみ。」と「い」を使わなかった場合。

  (そんな事いうのならあなたがやってみて。)もしくは(みやってみなよ)

というニュアンスになる。蛇足であるが「みいな」という言い方とかもあって

「そんなこんゆうならあなたやってみいな。出来やせんに。」

  (そんな事言うのならあなたやってごらんなさいな。出来やしないから。)

となる。例を変えて

「ほれみ」(どうだ・どうよ)よりも「ほれみい」(そらみたことか・言わんこっちゃない)で「ほれみよ」(言った通りじゃないか・どうだまいったか)といった違いというところもある。これは古語辞典①+③の使い方であろうか国語辞典の③も遠くはあるが近いものはあろうか。

まあ、そんなこんなで「にい」・「みい」・「ない」とかは意味も無く長音で語尾が伸びてだらしないという事では無くきちんと意味があって「い」が付いているということである。しかも訳すとしたら「よ」であるがそのニュアンスは「よ」ほどきつくないという共通語には無いものである。「ろ」でもきつく感じるかな。

命令・指示ではあるが、諭す・促すといった勢いで使われる事が多いのが「い」なのである。

|
|

« *いんで | トップページ | *こぞむ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51947047

この記事へのトラックバック一覧です: *やってみい:

« *いんで | トップページ | *こぞむ »